不動産投資家がマイホームを買うタイミング

不動産投資家がマイホームを買うタイミング

 

 

何回か住宅展示場へ行ったことがあります。

 

そこで営業マンと話すと、「今払ってる家賃で資産になるマイホームが買えますよ?」とか言ってくるわけです。

 

でもマイホームって資産じゃないんですよね。

 

マイホームは負債

30年くらいのローン組んで買うことになるんですけど、返済中は自分のものじゃないですし、支払い終わるころには家の価値なんてゼロみたいなものでしょう。

 

ま、営業マンが嘘つきだ!っていいたいワケでなく、マイホームは負債だと思ったほうがいいと思います。

 

不動産投資で必須となる融資への影響

不動産投資していくためには金融機関からの融資が必須です。

 

そして融資には当然審査があるわけで・・・。

 

もし負債持ってる人にお金を貸したいか?と聞かれたら、まずほとんどの方は「貸さない」と答えるんじゃないでしょうか。

 

私も絶対貸したくありません。

 

というわけで、マイホーム=借金みたいなもの。

 

ネット上でも調べてみるとマイホーム購入のタイミングについていろいろ書かれているサイトが見つかります。

 

そしてそこには買わないほうがいいという結論が書かれています。

 

もちろん属性(年収とか資産状況とか)がめちゃくちゃいいならマイホームを買ってしまっても不動産投資していくことはできるでしょう。

 

でも平均年収くらいしかない人やそれよりちょっと高いレベルなら住宅ローンが原因で融資が出ない可能性が高くなります。

 

また出たとしても減額される可能性が高いです。

 

仮に年収500万の人が◯◯銀行で融資依頼し5000万までなら融資OKだったとします。

 

ここでこの方がマイホームを2000万住宅ローンを組んで買っていた場合、単純に5000−2000=3000万までしか借りられなくなります。

 

ただマイホームの資産価値は融資審査受けたことがない一般の人が思っているより低いようです。

 

となると3000万以下になってしまうことがありえます。

 

この金額では魅力的な物件はなかなか買えないでしょう。

 

マイホームを買うタイミングはいつならいい?

もし家も欲しいけど不動産投資も本気でしたい!と思っているならマイホームは投資である程度儲けがでるようになってから、収入が安定するようになってからがいいですね。

 

投資物件の家賃収入でマイホームの住宅ローンを払っていく状態が理想的です。

 

また購入するとき自己資金があるならできるだけ使わないようしておくといいですね。

 

仮に自己資金1000万持ってる状態で3000万のマイホームを買うなら、自己資金ゼロで借金2000万より、自己資金1000万で借金3000万のほうが審査は有利になるみたいですよ。

 

まぁ買わないほうが絶対にいいんですけどね(汗)

 

結局潤沢な資本のない身で不動産投資で儲けようとするなら、少しでもいい条件の物件を探し、少しでもいい条件の融資をだしてもらうことに尽きます。

 

少しでも有利な融資を出してもらうためにもマイホームに限らずムダな消費をしないことが大事ですね。

 

目の前の小さな満足より未来の大きな満足を手にするために行動していきたいものです。

 

またそういう強い意志を持てる人が不動産投資で成功できる人なんだと思います。

 

まとめ

不動産投資家がマイホームを買うときのタイミングについて解説しました。

 

マイホームは負の遺産、というか不動産投資で大事な融資審査に悪影響を与えやすいことから購入タイミングが大事です。

 

もしまだ1棟も買ってない状態ならやめたほうがいいでしょう。

 


関連記事