融資依頼する銀行はどう選ぶ?

不動産投資 銀行

 

不動産投資成否の鍵となる金融機関の融資。

 

物件買う側からすれば金利低くていっぱい貸してくれるところがいいに決まってます。

 

でも銀行が融資してくれるかどうかは借り手の信用情報しだいになってきます。

 

命の恩人レベルな親友相手ならいざ知らず、銀行だって確実に返済してくれそうな相手に貸したいですからね。

 

ビジネスでやってる以上「なんで貸してくれないんだ!」と怒ったところで始まりません。

 

そこでここでは融資依頼する金融機関はどんなところを選ぶのか?について調べてみました。

 

 

銀行選びのポイント

基本的に以下のような特徴があります。

 

  • メガバンク 対象エリア広い
  • 地方銀行 本店や支店がある地区が対象

 

一部遠方に支店があることもありますがあてにしすぎないほうがいいですね。

 

またメガバンクは対象エリアが広いと言っても支店がないなら結局NGです。

 

となると今住んでる地区に店舗がある金融機関から選ぶことになります。

 

もし沖縄や北海道に住んでて東京の物件を買いたい、となった場合、貸してくれる銀行がないわけではないようですが難易度高くなるってことですね。

 

銀行への融資依頼のやり方

基本は地元に店舗のある銀行へ片っ端から電話で連絡していきます。

 

そして融資担当者に自分の属性を伝えます。

 

そこでOKなら店舗でやりとりするっていう流れですね。

 

店舗に行くときは身なりを整えるのはマナーですが別にスーツでなくてもいいようです。

 

相手も人間なので第一印象がよくなるよう清潔感重視で。

 

もちろんスーツでもいいんですけどね。

 

 

融資をお願いするとき、ほしい物件見つけてから融資してくれそうな銀行めぐりをするものだと思っていたんですが、先に銀行が好む物件タイプを聞いておき条件に合う物件を見つけてくる方がいいそうです。

 

不動産投資成功のためには自分の好き嫌いで物件選ぶより、このパターンみたいに融資ありきで進めていくのが次々買っていくための大事なポイントなんでしょうね。

 

キャッシュフロー出る出ないも融資が一番影響大なわけですし。

 

 

日銀が「マイナス金利」を発表すると不動産投資に有利?

この記事書いてる時点で日本銀行がマイナス金利を発表しました。

 

なんのこっちゃ?が正直なところ(汗)

 

そこでいろんなサイト調べてみると、どうやら銀行さんに「もっと金貸せよ〜」と言ってるらしい。

 

すると銀行は

 

安全な人にお金を貸したい

不動産投資家に貸せば投資家に何かあっても物件売ればある程度保証される

よし!不動産投資家に貸そう!

 

となるみたいです。

 

ただデメリットもあって、

 

「低金利で融資降りやすい→みんな買いまくる→不動産価値高くなる→価格上昇」

 

という流れもあるようです。

 

いずれにしてもチャンスには違いないですね。

 

まとめ

不動産投資で一番大事ともいえる銀行融資についてまとめました。

 

潤沢な預金があるなら苦もなく融資してもらえると思いますが、多くの投資家はそんな状態ではないはず。

 

となるとメガバンクは綿密なプランを立てていかないと厳しいでしょうし、始めたばかりの投資家ではまず無理。

 

地方銀行や信用金庫系に頼ることになることが多いと思います。

 


関連記事