不動産投資は地主や資産家が有利?

不動産投資は地主だと有利?

 

ここ20年くらいで近所の環状線沿いにはどんどんスーパーや大型店舗ができてます。

 

たまに閉店することもありますがすぐ新しい店舗ができてます。

 

それらの土地持ってる地主さんはさぞ儲かってるんでしょう。

 

羨ましい限りです。

 

でも殆どの方は地主じゃありませんし、投資家もそうでしょう。

 

不動産投資していく上で地主ってのは大きなアドバンテージです。

 

どこの土地持ってるのか?によっても全然違いますけどね。

 

資産には変わりないわけですし。

 

そこで地主は不動産投資で勝ち組になりやすいのか?についてまとめました。

 

 

地主さんの考え方

きっちり不動産投資の勉強をして取り組んでいる地主さんなら、サラリーマン投資かなどより圧倒的に有利なのは間違いありません。

 

じゃ地主さんがライバルなら不動産投資で成功するのは難しいか?っていうと違います。

 

基本的に考え方が違うみたいです。

 

サラリーマンなどが不労所得や別の収入を得るために投資物件を買っていくのとは違い、地主さんは昔から相続されてきた土地に建物を建てるパターンが多く、建て方も自己資金を投入して借りない方も多いそうです。

 

また、賃貸収入目的というより次の世代への相続対策のためであることが多いんだそうです。

 

そして不動産投資への姿勢も違います。

 

基本自らは動かず、業者の進められるがままに賃貸経営することになっている状態みたいです。

 

となると運営に積極的でない分知識も少ないでしょう。

 

また業者まかせな部分も多く、利益が少ない建て方になってるパターンも多いらしいですよ。

 

本気になったら一気に拡大していけそうなのにもったいない(汗)

 

産まれてからお金に困らない生活してきた属性の方はそんな感じなのかもしれません。

 

やらしい話ですが、そういった地主さんが破産して手持ち物件が市場にでることってかなりありえそうな話です。

 

会社でも2代目、3代目でダメになるとこありますもんね。

 

地主さんの投資方法

投資には甘い考え方の地主さんが多そうですが、もちろんしっかり勉強している手強い方もいるわけです。

 

で、そういった方は借入なしで増やしていける&土地代なしなので一時的に自己資金は減りますがキャッシュフローが大きくなります。

 

ということは金融機関からの借り入れ返済分がないだけ利回りが低い物件でも利益がでてしまうんですね。

 

資産の力って偉大です。

 

また低リスク重視のため多少利回り低くても駅近など好立地物件を優先して買っているらしい。

 

それでも儲かるんだから羨ましい限りです。

 

ついでに美味しい情報ももらえやすいんだから一般投資家からしたらたまったもんじゃありません(笑)

 

サラリーマン投資家は情報収集あるのみ

サラリーマン投資家などはそんな資産家さんと同じような考え方では儲けられるはずもないので、利回りの高いものを血眼になって探し買っていかないといけません。

 

いい物件情報なんて一部で回ってるだけです。

 

もし資産家でもないのに業者から不動産投資の営業があったら100%儲からないと思ったほうがいいでしょうね。

 

私も最近はなくなりましたが、ちょっと前までよくワンルームマンション投資の電話がかかってきました。

 

でも美味しい情報なんてそうそう一般人の元へやってくるわけがありません。

 

自分からゲットしに行くしかないですね。

 


関連記事