不動産投資がサラリーマンに向いている理由

不動産投資 サラリーマン

 

不動産投資は資産いっぱい持ってる資産家や地主さんがやるもの、と思っていませんか?私も昔はそう思っていました。それも正解だと思いますが、でも違うんです。サラリーマンの収入は今勤めている会社が何かやらかしたり、自分がクビになったら途絶えます。そのリスクを減らすには副業することになるんですが、雇われの副業ではなかなか続けられない人も多いでしょう。となると投資です。ただ株式投資やFXは常に相場をチェックしておかないと不安だったりして難しいんですよね。また片手間で取り組んでも稼げる人はほんの一握りです。

 

不動産投資がサラリーマンにおすすめな理由

低リスク

そこでおすすめなのが不動産投資。金額がデカくて怖がる人もいますが株やFXよりよほど安全です。株が紙切れになったら当然価値はゼロですが、不動産は物件が残るわけですし。

 

買った後は放置ぎみにできる

買うまではそれなりに努力も必要ですが購入してしまえばそれほど時間はとられません。管理を依頼してる業者がきちんとしれてば放置でもいけるでしょう。忙しいサラリーマンにはうってつけです。

 

収入が安定している

賃貸物件なので家賃収入が毎月入ってきます。返済分、その他必要経費を差し引いた残りはあなたのものです。災害や事件などよほどのことがない限り入居者が数ヶ月で出て行くことも少ないでしょう。また家賃は景気に左右されにくいものです。もしいま賃貸に住んでいるならリーマンショックがあったからといって家賃が安くなった、なんてことはないはずです。

 

そのため入ってくる家賃収入は安定しています。1棟だけでは給料以上になることは少ないかもしれませんが、2棟目、3棟目と増やしていけばサラリーマンの収入を余裕で超えられるはず。そうなると会社の理不尽な要求にも堂々と対応できますし、退職金もらってスパっとやめるのもありですね。お金の問題から開放される生活ほど幸福なものはないでしょう。

 

購入時に融資が受けやすい

不動産はたいてい金融機関からお金を借りて買うことになります。となると貸しても大丈夫なのか?を審査されます。そこでサラリーマンは信頼されやすいんです。もちろん勤めている会社にもよりますが、安定している会社に長く務めているなら金融機関は比較的信用してくれるためいい条件で融資が出やすくなります。さらに、もし貯金もしっかりしていてそれなりに(1000万とか)貯まっていいるなら不動産投資のハードルはかなり低くなるでしょう。貯金しててもお金はほとんど増えていきませんし、全額融資でカバーできればその貯金を減らさずに投資することもできます。

 

 

一応デメリットも

買うまでが大変

物件はいくらでも売ってます。ただし儲かる物件は限られています。ので探すのにかなりの労力がかかります。また金額が金額だけに仲介業者や司法書士などいろんな人が関わってくるので時間もかかります。そのため購入までにだいたい2,3カ月はかかるというデータも。

 

現在不動産投資が加熱ぎみ

ライバル多数です。外国人投資家も日本市場に参入しています。普通のサラリーマンより年収も資産もある医者なども投資物件を狙っています。またベストセラーになった「金持ち父さん貧乏父さん」が出版されてから投資家は着実に増えていってます。その中でいかに良い物件をゲットするか?これはそう簡単なものではないでしょう。


関連記事