不動産投資に役立つおすすめアプリ

不動産投資アプリ3選 トップ画像

不動産投資は、サラリーマンの副業としても人気があります。

 

マンションやアパートなどの不動産を購入し上手に運用すれば、老後の資産になります。

 

最近はサラリーマン大家と呼ばれる人たちも増え、マンション投資やアパート投資が脚光を浴びています。

 

ただし、現在は「カボチャの馬車」事件などの影響で金融機関の融資が引き締められ、サラリーマンが簡単に手を出せない投資手段になってしまいましたが・・・。

 

迷惑なことです。

 

そんな不動産投資には居住用マンション投資や戸建て投資、駐車場、コインランドリーなどさまざまな形態があります。

 

そして、とくに人気のあるマンション投資の場合は区分投資と一棟投資に分かれます。

 

区分投資はマンションの1室を購入して入居希望者に貸し出します。

 

1部屋のみを購入するので、不動産を取得する代金や維持費を抑えられます。

 

一棟投資は、住宅を丸ごと一棟分購入して貸し出す投資方法です。

 

初期費用が高額になるものの、将来的に多額の家賃収入を得られる可能性があります。

 

初心者でも比較的参入しやすい不動産投資の世界ですが、成功するには情報とノウハウが必要です。

 

最近は不動産投資に役立つ便利なアプリが次々と登場しています。

 

そこで現在人気があるおすすめのアプリを紹介します。

 

とりあえずインストールしておきたい不動産投資アプリ「楽待(らくまち)」

 

不動産を対象にした投資は、精度の高い情報収集が重要になります。

 

投資家に人気があるアプリといえば楽待です。

 

楽待は投資物件の数が多いのが特徴で、大家のコラムなど人気コンテンツも楽しめます。

 

デザインが一新され、物件情報がさらに見やすくなっています。

 

Webサイトと同じ検索条件で使えるので、狙っている条件の物件をスムーズに探せます。

 

不動産会社と連絡を取りたい場合は、簡単に連絡ができます。

 

プッシュ通知機能があるので、メッセージを読み逃すことも避けられます。

 

楽待は国内最大級の不動産関連情報サイトです。

 

アプリを利用すれば、スマートフォンから手軽に物件の検索ができます。

 

インストールしたら、まず会員登録を行います。

 

会員登録をしなくても物件の検索はできますが、不動産会社への問い合わせには会員登録が必要です。

 

投資初心者に役立つコンテンツも豊富で、投資の成功談や失敗談も読めます。

 

不動産投資に関する基礎知識を学習でき、最新情報も素早く入手できます。

 

セミナー検索を利用すれば、全国で開催されているセミナーで条件に合ったものを簡単に見つけられます。

 

所有している収益物件がある場合は、一括査定が可能です。

 

管理会社に対して一括の見積もりも依頼できます。

 

マンションやアパートを所有している場合、定期的なリフォームやメンテナンスが必要になります。

 

楽待なら、外装塗装や内装の専門会社に一括見積を依頼できます。

 

掲載されている物件から自分が購入したい物件を絞り込みたい場合は建物の構造や利回り、価格など項目を指定して絞り込めます。

 

通常は新着順で物件が並んでいますが、利回りが高い順や価格が安い順など好みに応じて並び替えができます。

 

気になる物件が見つかったら、物件の詳細画面をチェックします。

 

詳細画面には不動産会社からのPRが掲載されています。

 

不動産物件の見学をしたい場合や詳しい資料が欲しい場合は、不動産会社に直接問い合わせることも資料を請求することもできます。

 

メッセージ機能があるので、問い合わせをすると担当者から返信があります。

 

希望の物件を登録しておけば、不動産会社から条件に合う物件情報が届きます。

 

物件情報には一般に流れている情報以外に、非公開物件も含まれています

 

知識取得にはこれ!「不動産投資の基礎知識」アプリ

不動産投資の基礎知識も有名なアプリです。

 

マンション投資から節税対策まで網羅し、メニューが細かく分けられているので欲しい情報をすぐに探し出せます。

 

自由にタブを選んでカスタマイズできるので便利です。

 

コンテンツは初心者入門編から投資に関するお得情報まで細かく分類されています。

 

調べたい項目があれば楽に探せます。

 

最近は不動産に対する投資の敷居が高くなっていますが、この製品を活用すれば初心者でも基礎からステップアップして学べます。

 

メニューごとにランキング機能がついているので、初心者でもランキングを見ながら効率よく情報を取得できます。

 

融資審査判定に役立つ「StockFormer」アプリ

StockFormerは、ユーザーの登録情報をもとに融資を受けられる可能性をスコア化できる便利なアプリです。

 

スコアに応じてマッチングできた不動産会社を紹介してくれます。

 

個人のスコア化は海外ではすでに普及しています。

 

StockFormerはスコアリングだけでなくシェアリングの機能も持っています。

 

個人情報を公開しなくても、売買の経験をシェアできます。

 

経験者の売買行動がわかるので、初心者にとっては勉強になります。

 

StockFormerは2019年に設立されたベンチャー企業が運営しています。

 

ベンチャー企業ZIRITZは、転職業界でも活用されているマッチングのプラットフォームを提供して注目されます。

 

まとめ

不動産投資に役立つアプリを紹介しました。

 

投資物件の検索はもちろん、知識取得や融資判定など非常に便利なアプリが揃っています。

 

まずはこれらをひととおりインストールしてみてどんな感じか使ってみてください。

 

不動産投資事情はけっして良くはない状況ですが、チャンスが来た時にすぐ動けるよう準備しておくことは大事です。

 

ここで紹介したアプリでまずは第一歩を始めてみてください。


関連記事