不動産投資で失敗するのはなぜ?

不動産投資で失敗するのはなぜ?

 

 

よくあるワンルームマンション投資での失敗

よく聞く失敗例はワンルームマンション投資。

 

たいして投資に詳しくない営業マンがあの手この手で売り込んでくるので、それにひっかかって手を出したが最後、資産が増えるどころか赤字続きになってしまうんですね。

 

こういった例は書籍やネットなどでよく見かけます。

 

またワンルームマンション投資にかぎらず、不動産業者は物件を売った仲介手数料で利益をあげているので、

 

「不動産投資で節税対策できますよ」
「会社員なら銀行が融資してくれますからどんどん資産増やせますよ」
「こんな良い物件なかなかでてこないから今がチャンスです!」

 

などのフワッとしたあいまいで怪しげなフレーズを駆使してどうにかして売ろうとしてきます。

 

そして儲からない物件を買ってしまうと晴れて失敗です。

 

要するに、失敗する人は単なる知識不足なんですね。

 

営業マンの言葉の裏付けを取れるだけの知識の無さが原因です。

 

紹介された物件が本当に儲かるのか?を自分で判断できない状態で買うのは危険すぎます。

 

というか無謀です。

 

ものすごく人を見る目があったり不動産投資で成功しているアドバイザーがいるなら別ですがほとんどの人はそうじゃありませんからね。

 

あと個人的な体感ですが、不動産投資で成功されてる方の本などを読んでると、たいてい初期にワンルームマンション投資やって失敗してる傾向があるような・・・。

 

その方たちはその失敗をバネに努力されたんだと思いますが、どうせなら最初から失敗したくないはず。

 

不動産投資するなら何冊か成功されてる方の本を読んでからがいいでしょうね。

 

そして出来るだけ初期状態が自分に近い人が参考にしやすいと思います。

 

よく聞く不動産投資の常識

  • 利回りの高い物件を買う
  • 融資を使って少ない自己資金で効率よく投資していく
  • 地震対策で全国に所有物件を拡散する

 

というフレーズは不動産投資について勉強していると何度か耳にします。

 

正解ではあると思いますが、この通りやるにも知識が必要です。

 

例えば利回りが高い物件なら、なぜ高いのか?はもちろん他にも見るべきポイントはたくさんあります。

 

それらを判断できなければいくら利回りだけ高い物件でも失敗する可能性は高いでしょう。

 

まとめ

不動産投資で失敗する人に必要なことをまとめました。

 

いずれにしても、失敗しないためには営業トークに騙されないだけの知識は必須。

 

あと楽に儲かるビジネスはないと思っておいたほうがいいでしょうね。

 

おいしい話はあるとしてもお金持ちの世界で出回ってるだけでしょう。

 

お金出すだけで儲かるものもあるみたいですし。

 

まあ一般人には縁のない話ですね(汗)

 


関連記事