不動産融資でサラリーマンが受けられる限度額とは?

不動産融資でサラリーマンが受けられる限度額とは?

 

私もイチ会社員として「トータルどれくらいまで融資してもらえるのか?」が気になったのでネットや本などで調べてみました。

 

 

サラリーマンの融資限度額

個人事業や副業としてサラリーマンが不動産投資しているとき

すると、法律などで決められた限度額というものはないみたいです。

 

でも実際あるように思えるのは、その人の属性や購入する投資物件の評価、残債の多さなどで決まってしまうから。

 

で、一般的には2億くらいがボーダーラインになるらしいです。

 

さすがにイチ個人が2億も借金抱えてるのにさらに借りようとするのはどうなのよ?となるワケですね。

 

これはどんなに積算評価が高くてキャッシュフローの出る物件ばかりを所有&年収めっちゃ高いとしてもこの壁はあるようです。

 

将来10棟所有する!といった目標があるなら個人事業のままでは無理っぽいですね。

 

法人化した場合の融資限度額

2億というボーダーラインを乗り越えるには、副業や趣味レベルではなく本業としてきっちりやってますよ〜、という姿勢と実績を見せる必要があるみたいです。

 

そのためには法人を使い、それなりの規模となる部屋数を持つことで事業性をだしていきます。

 

そうすることで金融機関から事業性融資を引っ張っている人がほとんどのようです。

 

例外がないわけではありませんが、一般的なサラリーマンが例外パターン(資産がめっちゃあるなど)になることはまずないと思います。

 

なので2億以上の規模を目指すなら法人化必須でしょうね。

 

 

最初から資産管理用の会社として法人つくってしまうのが良さそうです。

 

融資依頼の時多少ハードル上がりそうですけどね。

 

最初の1,2棟は個人事業でそれ以上は法人化して〜って流れがいいかもしれない。

 

ただ不動産を法人に譲渡すると税金かかるので、個人事業時代に購入した不動産は自分名義のままにしておき、自分の法人に管理させる形態が良さそうです。

 

まとめ

サラリーマン投資家が融資を受けるときの限度額についてまとめました。

 

金融機関によりますが、どんなに上手に購入していっても2億円あたりがボーダーとなるようです。

 

とはいえそれでも十分すぎる成果なのでまずはそこを目指しつつ、その後はそのとき考えるくらいがいいですね。

 


関連記事