メガバンクの不動産融資姿勢ってどうなの?

メガバンク

 

私の年収レベルからすると一番何度高そうなイメージがあるメガバンク。

 

実際の融資条件はどんな感じなのか?について調べたことを事例を交えてまとめています。

 

 

日本のメガバンク

三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
−−−−−(ここまで3大メガバンク)
りそな銀行
新生銀行
あおぞら銀行

 

3大メガバンク以外を含まない事のほうが多いようですが念のため挙げておきました。

 

ゆうちょ銀行は総資産額が日本最大ですがメガバンクには含まれないようです。

 

みずほ銀行は全都道府県に支店があるようなので不動産投資家にとっては有利になりそう。

 

メガバンクの融資条件一例

「今のところこんな感じ」ということで。

 

念のため付け加えておきます。

 

りそな銀行

りそな銀行は不動産投資で代表的なメガバンクらしい。

 

現状では収益還元評価重視で積算評価は無視だそうです。

 

金利も1%台だったりと好条件。

 

資産潤沢に持ってると1%切ることもあるそうな。

 

お金持ちはどんどんお金持ちになる流れがこんなところにも(汗)

 

法人OKで10億レベルの物件でも可能性ありと夢が膨らみます。

 

対象が7大都市のようなので管理人なら名古屋市の物件なら候補に入れておきたいところ。

 

ほかの地域は駅前のような好立地かつ支店があれば可能性あるようです。

 

ネックは法定耐用年数絶対主義なところ。

 

となると木造は厳しいか。

 

RCの築浅ならかなりの好条件が引っ張れそうですね。

 

三井住友銀行

積算評価重視で収益還元評価もチェックするようです。

 

金利は1%台など物件評価方法以外はりそな銀行と似たような条件となります。

 

ほかりそな銀行と違うのは郊外の積算評価が高いRC物件なら融資が出る可能性あるそうです。

 

三菱東京UFJ銀行

規模の小さい不動産投資家には難しいメガバンク。

 

資産が潤沢にある方じゃないと厳しいらしい。

 

完全にお金持ちを対象としてますね。

 

憎い!(笑)

 

融資事例

上場企業会社員
42歳
年収1300万

 

融資額 2億円
金利 1.2%
融資期間 35年
自己資金 1200万円

 

築10年マンションでRC造

 

家賃収入 1700万円
キャッシュフロー 660万円

 

 

これだけ属性いいと余裕のフルローンですね。

 

やっぱり金持ちは金持ちになりやすい世の中です。

 

金利1.2%で35年ローンなんてキャッシュフローでて当たり前な気がします。

 

はやくそのステージに上がらねば。

 

まとめ

メガバンクの融資姿勢についてまとめました。

 

かなり個人属性が良くないと融資依頼しても厳しいのが現状です。

 

まずは地方銀行など身近な金融機関から当たっていくのがおすすめです。

 


関連記事