アパートローンとプロパーローンの違いとは?

不動産融資 アパートローンとプロパーローン

 

不動産を購入するときに使う融資は全部で3種類。

 

  • アパートローン
  • プロパーローン(事業性融資)
  • 住宅ローン

 

があります。

 

それぞれどんな特徴があるのか?について調べてみました。

 

 

アパートローン

まさに投資物件購入のために生み出されたローンです。

 

取り扱っていない金融機関もあります。

 

融資OKのエリアや投資物件評価方法がハッキリしているのが特徴です。

 

プロパーローン(事業性融資)

事業性とあるとおり、企業が運転資金や設備投資などするときのために融資するものです。

 

アパートローンに比べて審査が長いのが特徴です。

 

が、審査が長いのは不動産購入時かなり不利となるデメリットも。

 

ただ審査基準が柔軟性高いため交渉次第でかなり有利な条件を引き出せることもあります。

 

住宅ローン

これは投資物件用ではなく、マイホームを買うとき限定で使える融資ですね。

 

ローン3種類のなかでは一番低金利ですが、住宅ローンの規約で賃貸物件購入はNGとなっています。

 

自宅用にしか使えないのでは不動産投資には役立ちませんね。ま

 

た法人への融資も対応していません。

 

今日本では民泊について議論されてますが、住宅ローンで買った自宅で民泊してしまったら規約違反ってことになります。

 

もし勝手にやっててバレたら返済どうなるんでしょうね。

 

ついでに調べてみたら一括返済を求められるそうです。

 

絶対無理(汗)

 

ただ、転勤などで一時的に賃貸するのはいいらしい。

 

っていうか黙認されるらしい。

 

悪用してる人いそうですね。

 

どの融資がいい?

3種類のうち不動産投資で使うのはアパートローンとプロパーローンです。

 

両方共金融機関との交渉必須ですが、不動産業者任せだと思うような結果が出にくいようです。

 

そもそも不動産業者で融資に詳しい人は殆どいないみたいですからね。

 

となると自分でやっていかなければならない仕事です。

 

融資依頼はハードル高そうな印象を持っている人もいると思いますが、金融機関の仕事は金貸しなので比較的丁寧な対応してくれるみたいですよ。

 

まとめ

不動産投資で使う融資の種類について解説しました。

 

住宅ローンは基本マイホームのために使うものなので、ここで紹介した2つの不動産投資用ローンを活用して資産構築に活かしていきましょう。

 


関連記事