銀行融資の必要書類(個人・法人)

銀行融資の必要書類(個人・法人)

 

基本的に銀行融資依頼は自分ですることになります。顔もわからない相手にお金なんて貸せないでしょう。そこで融資依頼するときに準備しておきたい必要書類をまとめてみました。

 

銀行融資 個人の場合

事前審査時の必要書類
本人分
  • 事前審査打診表
  • 身分証明書(運転免許証など)
  • 源泉徴収票3年分
  • 住民税課税証明書3年分
  • (給与以外の収入あり)確定申告書3年分のコピー
  • (給与以外の収入あり)納税証明書3年分
  • 住宅ローン等があればその返済予定表
  • 家系図(事業承継をみるようです)
  • 購入物件の資料
  • 購入物件ので収支シミュレーション資料
  • その物件があればその収支シミュレーション資料

 

連帯保証人分
  • 源泉徴収票や確定申告書
  • 身分証明書(運転免許証など)

 

審査申込時の必要書類
本人分
  • 住民票(家族税全員の記載&発行から3ヶ月以内)
  • 身分証明書(運転免許証など)
  • 源泉徴収票3年分
  • 住民税課税証明書3年分
  • (給与以外の収入あり)確定申告書3年分のコピー
  • (給与以外の収入あり)納税証明書3年分
  • 売買契約書
  • 手付金の領収書のコピー
  • 重要事項説明書のコピー
  • 賃貸借契約書のコピー
  • 実印
  • (投資物件所有の場合)賃貸借契約書のコピー
  • (投資物件所有の場合)ローン返済予定表のコピー
  • (株式ありの場合)株式明細のコピー
  • (その他資産ありの場合)預金通帳、保険証券などのコピー
  • 家系図(事業承継をみるようです)

 

連帯保証人分
  • 住民票
  • 身分証明書(運転免許証など)
  • (個人)源泉徴収票3年分
  • (個人)住民税課税証明書3年分
  • (給与以外の収入あり)確定申告書3年分のコピー
  • (給与以外の収入あり)納税証明書3年分
  • 実印

 

 

契約時の必要書類
個人分
  • 印鑑証明書×2通(発行から3ヶ月以内)
  • 実印
  • 返済用口座の通帳
  • 銀行印

 

連帯保証人分
  • 印鑑証明書×2通(発行から3ヶ月以内)
  • 実印
  • 返済用口座の通帳
  • 銀行印

 

 

銀行融資 法人の場合

審査依頼時の必要書類
  • 確定申告書3年分のコピー
  • 納税証明書3年分
  • 決算書3年分のコピー
  • 勘定科目明細のコピー
  • 納税証明書
  • 定款
  • 登記簿謄本

 

ほか、

  • 購入物件の資料
  • 購入物件ので収支シミュレーション資料
  • その他の物件があればその収支シミュレーション資料
  • 会社の売上推移をわかりやすくしたグラフ資料なども用意しておく

 

※ネット調べのため抜け漏れがあるかもしれません。一度不動産業者や融資依頼先の銀行に確認してみてください

 

 

基本的な書類以外にもプレゼンするときや融資担当者に質問された時に相手がわかりやすくなる資料を作成しておきます。ただ必要書類を準備・提出してお願いします!では終わりません。いろいろ質問されたりしますし、融資担当者が上に提出する稟議書を作成しやすくなるような資料を提供していきましょう。痒いところに手が届くように準備しておけば、担当者に熱意も伝わりますし頑張りたくなるはずです。


関連記事