マンション売却 売り出し価格の決め方

マンション売却 売り出し価格の決め方

 

無事信頼できる仲介業者が見つかったら、次はあなたのマンションの売り出し価格を決めることになります(仲介業者探しについてはこちら⇒仲介業者はどこがいい?)。基本的には仲介業者があなたのマンションを現地調査して出した査定額を参考にしつつあなたと相談して決めていくことになります。

 

そのため基本となる査定額を高くするためにも目立つキズなどはリフォームしておくほうがいいです。もちろん低コストでできる分だけにとどめておきたいところですが。リフォームについてはこちらの記事で解説しています⇒マンション売却はリフォームしてからすべき?

 

また、マンション査定額がどのように導き出されているのか?を知っておくと対処しやすいので以下で解説しておきます。

 

仲介業者の査定方法

基本的に過去の似たような条件のマンションを売買した事例を参考にする「取引事例法」で査定しています。

 

担当者は査定依頼があるとまず過去の取引事例を探します。そして参考になる物があればそれを元にあなたのマンション査定額を割り出します。ただし、「取引事例法」は当然ですが過去のもの。今現在の不動産相場とは違います。また事例が少ないとあまり参考になりません。もしあたなの住んでいる地域が似たような分譲マンションがなければ査定額の精度は低くなってしまいます。逆に取引事例が多いならそれだけ売れる可能性も高いと言えますね。こればかりは地域次第なのでどうにもなりませんが・・・。

 

そして売り出し価格に大きな影響を与える売主の状況もこの方法ではわかりません。お金に困っている売主さんなら相場より低価格で売り出して早くお金に変えている可能性もある訳です。となるとその事例を参考に査定されてしまうと本来ならもっと高く売れる可能性があってもできなくなってしまいます。逆パターンではちょっと高めの値段設定にして売れたらラッキー!くらいに考えている売主さんの物件が運良く売れた場合、相場より高い売り出し価格なのでこれを適用してしまうと売れづらくなってしまうでしょう。

 

ですので事例の多さ次第なところもあります。あとはあなたの事情をきちんと理解してより適正な売り出し価格に近づけていくことになります。この辺はお客さんのことを考えてくれる良い仲介業者を選んでいれば問題ないはず。


関連記事