居住中のマンション売却は可能?

居住中のマンション売却は可能?

 

マンションは今この瞬間が一番新しい状態です。時間経てばどんどん価値は低くなっていきます。そうなると今居住中だとしてもすぐ売却に出してしまったほうが価格の面では有利でしょう。でも実際そんなことができるんでしょうか?ここでは居住中のマンション売却についてまとめています。

 

住んでいる状態でもマンション売却は可能?

結論はから言うと可能です。そして居住中のまま売りに出す人のほうが多いのが現状です。

 

ただ1つ大きなデメリットがあり、内覧希望者が好きなタイミングで内覧できないんですよね。住んでいなければ不動産業者に鍵を渡しておけば、希望者が一番テンション高いときに内覧してもらえるので成約率も高くなるでしょう。そのため家を買い換えるときなど一時的に引っ越しできればいいのですが、引越し費用もかかりますし賃貸分は完全なマイナスになってしまうので現実的じゃありません。それなら「留守中に内覧してもらってもOK」としたとしても、もし何か物がなくなっていたら業者のイメージ悪くなりますし、売却主も嫌な思いをしてしまいます。そのため必ず売却主立会いのもと内覧することになります。

 

内覧時は不動産業者から「いついつ頃伺っていいですか?」といった問い合わせが必ず入るので突然来訪されてビックリ!となることはありえません。ただ「今から伺ってもいいですか?」といった急な連絡はあるかもしれません。この場合必ずOKしたほうがいいです。このとき内覧希望者を連れてくるのはあなたが売却依頼した不動産業者でないことのほうが多いです。そして内覧希望者には当然似たようなマンションも紹介しています。そうなると他の物件も内覧する予定があるかもしれません。もし内覧を断ってしまい、別の内覧した物件に決まってしまったら・・・。結果がどうなったかを知ることはないかもしれませんが、自分からチャンスを潰すようなことはしたくないですね。

 

また、ライバル物件より魅力的に見せるためにも、普段からモノを減らしておく、キレイに掃除しておく、修繕が必要な部分は直しておく、といった対策をとっておきたいですね。当然ですが内覧者はキレイな部屋を好みます。売却が決まってから、引越しが終わってからより目に見える部分はすぐに修繕しておいたほうが内覧者へ好印象が与えられます。

 

優良大手リフォーム業者へ一括見積もり⇒ベスト@リフォーム

 

 

今中古マンション市場はダブついた状態で、今後も続くと予想されています。この状況の中あなたのマンションを売却するには内覧を絶対に取り逃がさないこと、そしてそのチャンスにできるだけ好印象を与えることが大切です。


関連記事