マンション売却の業者選び 電話対応で判断しよう!

マンション売却の業者選び 電話対応で判断しよう!

 

マンション売却を成功させるために大切な業者選び。お客さんのことを大事にしてくれる業者がいいのは明白ですが、どうやってそんな業者を判断すれば良いのか?が難しいんです。やること自体は不動産業者をいくつかピックアップしてそれぞれに問い合わせして担当者と話せばいいだけなんですけどね。

 

そこでお客さんを大事にしてくれる業者、担当者の見極め方についておすすめな方法をまとめました。

 

 

マンション売却を成功させるための業者の選び方

まずマンション売却が得意な業者を選びます。
仲介業者の探し方

 

その後、電話で問い合わせてみましょう。

 

電話口での対応はここをチェック!
自社名以外を加えていないか?

電話に出た不動産業者が自社の名前以外に宣伝文句を加えているならNGです。たとえば「◯◯キャンペーン実施中の◯◯不動産です!」などですね。そもそも電話をかけてきた相手がどんな人かもわからないのに宣伝してくるのは普通じゃありません。広告、宣伝するポイントをわかってない証拠です。こんな業者ではマンションも満足に売れないでしょう。上手に売るには相手の気持ちがわかっていないと無理です。また、電話をかけてくる人は何かしら悩みを解決したいからかけるのであって、その解決策の前に宣伝することは常識的にもNGでしょう。

 

最低限、「はい、◯◯不動産です」と普通にでる業者を選びましょう。

 

あなたのマンションがいくらで売れるか質問してみる

一番気になる部分だと思います。マンション売却について電話をかける人はほとんどの人が聞く質問だと思います。そこでハッキリした金額を即答してくるのはNGです。やり取りしてる中で住所や、面積、マンション名くらいを聞いただけで金額を提示してきたら、一見できる担当者のように思えます。もちろん同じマンションの事例がたまたまあるなら良いのかもしれませんが、その可能性は低いでしょう。そして不動産物件は一つとして同じものがありません。物件の立地や階層、近隣の環境だけでなく、売主の状況も価格に反映されるもの。そういう細かな情報を知らない状態で金額を即答してくるのはヤブ医者みたいなものですね。適当だと言わざるを得ません。

 

マンションがいくらで売れるか?はたくさんの情報がわかったうえで初めて割り出せるものです。売却額には売主の夢や希望も入っています。その想いを軽々しく伝える業者はお客さんのことを考えているとは言えません。仮に伝えてくるにしても「過去の事例からみると・・・」など根拠となる説明ができることは必須ですね。

 

 

 


関連記事