マンション売却体験談 適正価格にしたらあっさり売れました

マンション売却体験談 適正価格にしたらあっさり売れました

都市部に住むHさんの体験談

売りに出してるけど半年たっても全然売れませんでした。内覧者もたくさんいるにもかかわらずなかなか売れません。自分ではいいマンションだと思ってましたし売りに出せばすぐ売れるものだと思ってましたが・・・。

 

その原因がなんなのか専門家に相談してみると、なんと売却依頼している不動産業者がまともに販売活動をしてないという結果に。そんなことあるんですね。ちょっと驚きました。業者さんは最初に言った値段で売れると言っていたので安心しきっていたんですね。その間に払った住宅ローンの金利分返して欲しいくらいです。と嘆いていても後の祭りですが・・・。

 

なかなか売れないので仲介業者にどうすればいいか聞くと「値下げしましょう」としか言ってきませんでした。その根拠もとくに説明してくれませんでしたし、下げたからって売れるとも限りません。またクレーマーみたいに思われて仕事してくれなくなったら嫌なので強く言うこともできず八方塞がりな状態でした。そこで専門家に相談したんです。

 

するとすぐ売れました。やったことは20万だけ値下げしたのみ。専門家によるとそれが最適な価格だったようです。日本人は1000万と999万だと後者を実際の差額より安く感じるみたいです。マンション売却額も同じなんですね。私のマンションもそんなマジック?が活かされています。また、買主さんが検索するときは◯◯円台という探し方をするそうなので、桁が下がればヒットする可能性が上がるんだそうですよ。わずか20万、されど20万円。これだけですぐ売却できるなら十分満足じゃないかと思います。売れない期間に支払う金利も馬鹿になりませんし、固定資産税も早く売れたほうが買主と按分なので半年分まるまる払うことになります。余計な費用は減らしたいですからね。自分が売りたい価格はきっとみんなあると思いますが、それが相場に見合ってるかは素人にはさっぱりわかりません。不動産業者が提示する価格も100%適正とは限らないんですよね。今回はいい勉強になりました。


関連記事