マンション売却時にかかる仲介手数料はどれくらい?

マンション売却時にかかる仲介手数料はどれくらい?

 

マンション売却を成功させる=できるだけ早く希望価格あたりで売るためには、不動産業者の力は欠かせません。早く買い手を見つけるにはあなたのマンション情報が売りに出ている事実をより多くの人に知ってもらう必要がありますし、個人より業者名義のほうがなにかと信頼性が高く安心して問い合わせられます。またマンション売却を考えている人はほとんどが仲介業者を利用しています。そこで気になるのが仲介手数料。ここではあなたのマンションを売るとき仲介手数料がいくらになるのか?について解説しています。

 

不動産業者に支払う仲介手数料の計算式

仲介手数料は以下の計算式で求められます。

売買価格の3% + 6万 + 消費税

 

この「6万」がなんなのか?については以下のとおりです。

 

6万円プラスされる理由

仲介手数料の額は宅地建物取引業法によって以下の表のように細かく定められています。

マンションの売却額に対して

仲介手数料

200万円以下の部分売買価格の5%
200万1円〜400万円以下の部分売買価格の4%
400万1円以上の部分売買価格の3%

 

要するに、売買価格のうち400万以下の部分と超える部分で手数料率が違ってくるんですね。そこで計算式を簡略化するために400万以下部分の計算結果「6万」をプラスしています。よって上の式は400万円を超えるときに適用される計算式ということになります。ほとんどの物件は400万以上での取引になるのでこのようにされているんですね。

 

 

また、この計算式で算出される仲介手数料は不動産業者が受け取れる上限額と決まっています。ですのでごく少数ですが仲介手数料が安い業者もあります。ただしほとんどの業者は上限に設定しているので、時間をかけて仲介手数料が安いところを探すよりこういうものだと割りきって早く売る力のある業者に依頼したほうがマンション売却では成功しやすいでしょう。

 

不動産業者も物件が売れて初めて収入になるわけです。それまでの広告宣伝費などは売れなかったらマイナスにしかなりません。そんな状況で仲介手数料を値引き依頼したり他の業者へ依頼したりすると、業者のモチベーションも下がってしまうでしょう。ここは気持ちよく支払っておきたい部分です。マンション売却を成功させるには業者とその担当者を味方につけることも大切な要素です。あなたのマンションを売ってあげたいと思ってもらえれば、積極的に紹介してくれるはずです。


関連記事