マンション売却相場を無料で知る方法

マンション売却相場を無料で知る方法

 

自分のマンションがどれくらいの金額で売れるのか?を不動産に馴染みのない一般人が知るのは難しいでしょう。1つとして同じ物件はないわけですし、立地、築年数、部屋の状態、周辺施設、隣人など条件は必ず違うもの。ただ売る前にだいたいの相場は知りたいですよね。それがわかれば不動産業者に査定してもらった額と比較できますし、業者選びにも役立ちます。そこで相場を調べる方法についてまとめてみました。

 

マンション売却相場を無料で知る方法 その1 実例を参考にする

もし自分の住んでいるマンションが売りに出ていたらチラシなどをとっておきましょう。これが似たような間取りならかなり参考になります。

 

次にその価格の1uあたりの単価を計算します。

 

実例マンションの価格÷実例の面積

 

あとは自分のマンションの面積をかければ金額が出せます。

 

仮にチラシ物件の価格が2000万円で広さ100u、自分の物件の広さが80uだとすると以下のようになります。
2000万÷100u=20万円/u
20万×80u=1600万円

 

実例が数が多いほど信頼性は高くなります。ただたくさん売りに出ているマンションにどれほどの魅力があるか疑問ですが(汗)。また実例がなければできませんし、同じマンション物件のチラシを投函されることはありません。新聞をとってない場合も難しい方法です。

 

マンション売却相場を無料で知る方法 その2 ネット情報を参考にする

チラシ入手が難しい場合はインターネット上のデータを利用します。手っ取り早いのはあなたが住んでいるマンション名を検索してみること。シェアの少ない検索エンジン(Bing、msn、baidu、livedoorなど)ではもともとのデータが少ないのでyahooかgoogleで実施します。すると過去や現在売りに出ている部屋が出てくる可能性があります。不動産業者なら専用データベース「レインズ」といったもので探せるんですが、一般人はネットを有効活用します。

 

これでヒットしたなら、そのデータを上で紹介した計算式に当てはめて算出してみましょう。

 

ここで割り出した相場利用時の注意点

算出された相場額は高い信頼性があるものではありません。あくまで参考適度にとどめておきましょう。チラシやネットの価格は売り出し価格というだけなので売れた金額ではありません。実際は値引きしてることもありますし、そもそもまだ売れてないかもしれません。

 

そしてその情報源はいつのものか?は特に注意が必要です。何年も前のものでは建物の劣化状況も違いますし、不動産市場も変わっている可能性が高いです。そのため、業者を探すときにこの数字をわざわざ言わないほうがいいです。「私が調べたらいくらいくらだった」と言おうものなら面倒な客だと思われるかもしれません。マンション売却を成功させるには業者と担当者の協力は不可欠です。味方になってくれるよう接していくことがスムーズに売るためには大切です。

 

マンション売却相場を無料知る方法 その3 不動産一括査定を利用する

一番信頼性高いのはこの方法。実際に複数業者に査定してもらいます。1社だけでは相場かどうかわからないため最低でも3社以上から見積もりを出してもらいます。査定額は不動産業者によって多少違ってきますが、実際の査定額がわかるので確実です。

 

利用無料の不動産一括査定サービス⇒イエウール

 


関連記事