マンション売却 売れる価格と売りたい価格

マンション売却 売れる価格と売りたい価格

 

マンションを売るとき、ほとんどの方は自分の購入金額やチラシやネットの売り出し価格を参考にして多めの金額を夢見がちです。その売主が「売りたい価格」で売れたら一番幸せな結果なんですが、そううまいこといかないのが不動産売買です。実際には「売りたい価格」のほか、「売れる価格」「売ってOKの価格」の3つの価格があります。そこでどのように売り出し価格を決めていくのか?についてまとめてみました。

 

マンション売却時の価格いろいろ

マンションを売ってOKの価格

これなら買い手が見つかる&売ってもプラマイゼロとなる価格です。売主の状況から考える下限値となります。これ以下なら売らないほうがマシってラインですね。これはたいてい住宅ローンの残債との兼ね合いになります。残債が1000万なら最低ラインは1000万+諸費用でしょう。とにかく売主の資産がマイナスにならないボーダーラインとなります。ここで売れれば満足度は低いんですが、失敗ではないでしょう。

 

マンションが売れる価格

仲介業者が査定した額ですね。これなら売れるとふんだ価格です。プロの査定なので一番相場に近い価格になるはずです。

 

マンションオーナーが売りたい価格

売主の希望価格ですね。3000万で購入して残債が1000万くらいだったら、1500万で売れたら500万手元に残って幸せ♪レベルの夢見がちな設定もありえます。たいてい一番高額になるはずです。

 

 

通常、価格は上で紹介した順に低→高となっていきます。

 

実際売るとなったとき、まず売主の状況が最優先されます。急ぎなのか、今すぐ売れなくても良いのかで上の3つから設定する価格が決まります。お金に余裕があって急いでないなら、自分が売りたいと思う価格で売りに出せばいいんですね。ひょっとしたら買ってくれる人がいるかもしれませんので。逆に来月にでもまとまった現金が欲しいッて人ならすぐ買い手がみつかりやすい売ってOKな価格での売り出しとなるでしょう。

 

ここで大事なのはいつまでに売れて欲しいのか?の期間設定です。半年後までに売りたいなら、最初の2ヶ月は「売りたい価格」、売れなければ次の2ヶ月は「売れる価格」、それでもダメなら最後は「売ってOKの価格」で出す、という戦略が立てられます。この辺の具体的な期間設定は担当者との相談で決めていきます。


関連記事