マンション売却 不動産業者の選び方

マンション売却 不動産業者の選び方

 

不動産業界に詳しくない人がほとんどだと思います。となるとプロにお願いすることになります。ただし、不動産業者で働くスタッフの質もピンからキリまでいろいろです。ではどんな業者や担当者を選べばいいんでしょうか。ここではその選び方についてまとめています。

 

どんな業者にマンション売却してもらうべき?

どんな業界でも言える基本ですが「顧客目線を大事にしている不動産業者」です。残念ながら業界の悪習「囲い込み」などを優先する業者は多いです。じゃどーやって顧客を大事にしている業者を探せばいいんでしょうか。

 

具体的で根拠のある説明をしてくれる業者を選ぶ

あなたを始め、売主の事情はさまざま。どうしてもすぐ売れてくれないと困る方、希望額じゃないなら売れなくても問題ない方など。またマンションを売るとき希望通りにいかないことも多いです。売れなければ値下げすることになります。ただ売主さんはたいてい良い結果を夢見ているものなんですよね。

 

そしていざ値下げするとなったとき「売れないので値下げしましょう」とあっさり提案してくる業者さんも多いそうです。業者も売れて初めて仲介手数料が入ってくるわけなので、手っ取り早く買い手を見つけるために早く値下げしたいんですね。でも少しでも高く売りたいのが売主の気持ちでしょう。値下げするにしても納得の行く理由をきちんと説明できない業者では困りもの。

 

ですので、不動産取引に詳しくないあなたにわかりやすく説明できる業者、担当者であること。わかりやすく説明しようと努力していることが大事です。これは契約前の業者選びの中での話し合いでチェック可能な部分なので、説明がわかりにくいな、と思ったらその業者は避けたほうがいいでしょう。

 

地元に強い業者を選ぶ

昔は大手不動産業者がいい、宅建免許の更新番号が大きいと長くやっているからノウハウが豊富、駅前にある業者が良い、と言われていたようです。でもどれも根拠の無い選び方と言えます。不動産を購入する人は8割が地元民と言われています。となると地元に通じている業者のほうがスムーズに売却してくれる可能性が高くなります。よって地元に根ざした業者から具体的で根拠のある説明をしてくれるところを選ぶことが満足度の高いマンション売却にするためには大事なポイントとなるでしょう。

 

【無料】地元の優良業者へ一括査定⇒イエウール

 

 

売主は新築マンションや中古マンションの売値を見てだいたいこれくらいになるはず、と夢見てしまうもの。でもチラシやネットの価格は売れた価格ではないんですよね。ただその価格設定になってるだけで、売れてるかどうかはわかりません。また売れたとしても実際は値引きされている可能性もあります。ここで自分のマンションが思ったより大幅に安くなってしまったら「なんでマンションなんて買ってしまったんだろう・・・」と自己否定してしまう人もいるんだそうです。過去の自分を後悔しないためにも上手に売ってくれる不動産業者を選びたいですね。


関連記事