マンション売却の業者選びと申し込む前に準備しておくこと

マンション売却の業者選びと申し込む前に準備しておくこと

 

業者選びは一番高売ってくれる業者と相場がわかる一括査定サービスが便利です。

 

イエウール

 

全国の優良不動産業者1200社の中からあなたの地元に強い業者最大6社から査定額を教えてもらえます。

 

日本全国に不動産業者は数万社あります。その中から優良なところを探すのはものすごく大変です。その点一括査定サービスなら探す手間が省けます。依頼後の連絡はメールや電話がメイン。依頼した業者全てから査定額を教えてもらった後でどこにするか決めるだけ。浮いた時間で掃除や修繕してマンションの価値を高めておけば高く売れやすくなります。

 

 

マンション売却を申し込む前に準備しておくこと

ここでは業者に申し込む前に準備しておきたい書類や情報をまとめてみました。一括査定サービスは準備した後で申し込みましょう。

 

申し込む前の準備 その1 マンション購入時の契約書やパンフレット

不動産業者に電話するとあなたのマンションについていろいろ質問されます。スムーズに答えられるよう契約書やパンフレット(なければネットでも検索してみましょう)を準備しておきます。

 

申し込む前の準備 その2 維持管理費の明細

あなたのマンションが毎月維持管理にがどれくらいかかるのか?がわかる管理費、修繕積立金、駐車場代などの明細を準備しておきましょう。

 

申し込む前の準備 その3 固定資産税や都市計画税の明細

毎年支払う税金関係の明細を準備しておきます。

 

申し込む前の準備 その4 住宅ローンの残債がわかるもの

月の返済額、直近の残債がわかるものを用意します。これは不動産業者が査定するときに必要です。念のため、住宅ローンを申し込んだ金融機関に電話して正確な残債を聞いておきましょう。

申し込む前の準備 その5 マンションの権利証

無事売却ができ、決済が終わった後で買主に渡すものですが、失くしている人もいるようです。最初に確認しておいたほうが確実です。

 

申し込む前の準備 その6 自分で調べた情報

自分で相場を調べるなどしているならそのデータも用意しておきます(⇒マンション売却相場を無料で知る方法)。

 

その他しておきたいこと

もし両親などに支援してもらってマンション購入しているなら、念のため家族だけでなくその支援者にも相談しておきましょう。マナー的なことですが、これをやらずにあとでトラブルになると大変です。最悪違約金を払って契約取りやめになることも。トラブルの火種は先に潰しておきましょう。


関連記事