マンション売却 業者買取ってどうなの?

マンション売却 業者買取ってどうなの?

 

マンションを売却する相手のほとんどはあなたのマンションに住みたいと思った人になります。ただし、不動産業者そのものに買い取ってもらうことも可能です。では普通に売るのと業者に売るのではどんな違いがあるんでしょうか。ここではその違いについてまとめています。

 

買取業者にマンション売却した場合

買取業者は買った物件を転売することで利益を得ます。ということは、一般人相手なら相場で売ることも可能ですが、業者にその価格で買い取ってもらうことは不可能です。なぜなら業者が相場価格で売るから。よって利益を出すためには相場価格よりかなり安く買取る必要があるわけです。一般的にはだいたい相場の3〜4割り程度になります。足元見るような業者だともっと安いかもしれません。

 

となると全くメリットが無いように思えますが、もしあなたがすぐにでもお金が必要な状況なら業者買い取りのほうが早いです。ケースバイケースですね。ただし業者買取を利用するときには注意点もあります。

 

業者買取の使い方

利用者はたいてい早く現金化したい、など弱い立場であることがほとんど。となると買い叩かれる可能性もあります。それを防ぐためには、まず買取業者に査定を依頼します。その後別の不動産業者に普通の売却として査定してもらいましょう。こうすることで市場価格との差がわかります。この差額が3〜4割程度なら普通、それ以上なら買い叩かれていると判断できます。

 

また、売却期限が3ヶ月後まで、など多少ゆとりがある場合も、売却業者と買取業者の両方に査定額をもらっておき、2ヶ月間は売却業者で、ダメなら買い取ってもらうなど計画的に動くことができます。

 

今マンション市場は供給過剰ぎみなので、なかなか売れない可能性もあります。住まないマンションなら長期間持ってても税金や維持費がかかるだけ。最初から売却、買取の両方で査定してもらい、半年で売れないなら買い取ってもらうとするのも1つの方法です。


関連記事