マンション売却の仲介業者を査定しよう!

マンション売却の仲介業者を査定しよう!

 

良い仲介業者の選び方はこちらの記事で⇒仲介業者はどう選ぶ?

 

マンション売却を仲介業者に依頼するとあなたのマンションを調査しにやってきます。机上のデータだけである程度の査定額は算出されますが、使用状況や周辺環境、物件の状態など同じ条件の不動産は1つとしてありません。より正確な査定額を出すためには必須の行程です。

 

そしてこのタイミングこそ仲介業者とその担当者の査定をするチャンスです。ここで担当者と具体的なやりとりがあります。また導き出された査定額がなぜそうなるのか?をあなたにわかりやすく説明しなければいけません。一部マンション売却に慣れてる人もいると思いますが、ほとんどは素人。その素人相手にきちんと理解できるように説明できるか?またしようと努力しているか?をこちらが査定しましょう。うまいこと言って誤魔化すことではありません。

 

そういったお客さんを大事にする姿勢があり、尚且つ妥当だと思える的確な説明がされているならその仲介業者はおすすめです。

 

他にも以下のようなチェックポイントがあるので自分が面接官になったつもりで気を抜かず見ておきましょう。仲介業者選びが成功ならマンション売却も限りなく成功に近づきます。

 

マンション売却の仲介業者来訪時に見ておきたいポイント

第一印象はどうか?

社会人として、ビジネスマンとして身だしなみや表情を見ます。できる人間は身だしなみの重要性を理解しています。髪は整っているか、無精髭は生えていないか、服装はきちんとしているか、表情は疲れていないか、など第一印象をチェックしましょう。印象が良くなければ相手を不快にさせるわけですからね。お客さんを大事にする姿勢がこれでわかります。

 

お客と仲介業者の関係といっても、一緒にマンションを売るパートナーになるわけです。ここがいい加減では「舐められている」と思ってもいいでしょう。

 

あなたの話にきちんと耳を傾けているか?

第一印象の次は人の話しをしっかり聞けるか?をみます。人としての基本的なマナーですが、意外とできない業者さんが多いようです。マンション売却は素人にとっていろんな不安要素があるものです。業者は何十、何百件の取引をしていて慣れているとしても、あなた側はひょっとしたら一生に一度の出来事かもしれません。その気持を考えられるならあなたの話をきちんと聞くはずです。

 

知ったかぶりをしていないか?

仲介業者がいくら経験豊富といってもわからないこともあります。そういう質問があった場合「調べてからお応えします」「わかりません」とハッキリ言ってくれる担当者なら信頼できます。知ったかぶりして適当なことを言ったり、誤魔化そうとするならそこには頼まないほうがいいでしょう。

 

風水などちょっと怪しげな質問をしてみる

風水や占いなどを気にする人も多いです。そこでこれ系の質問をしてみてどう答えるか?を見てみましょう。あっさり関係ないと切り捨てるようなら、お客さんのことを考えていないと判断できます。こういったことは本人にとって非常に気になるポイントかもしれません。担当者が興味あるなしでなく、このお客さんは気にされるんだな、と考え気持ちを汲んだ返答ができる人ならお任せできるでしょう。

宅建資格をもっているか?

必須ではないんですが、この資格を持つ担当者が査定することそのものに業者の姿勢、本気度が見て取れます。売る側としてはきちんとしたプロに見てもらいたいと思うはず。その気持を汲み取れるなら資格を持っている担当者にあなたのマンションを査定させるはずです。

 


関連記事