マンション売却の流れ

マンション売却の流れ

 

不動産を売ることに慣れている人はそうそういないはず。いまいちどういう流れで売れるのかイメージ出来ない方も多いと思うので、マンション売却終了までの流れをここでまとめてみました。衝動的に動いてもなかなかうまく行きません。最初から流れを知って計画的に進めれば思ってもみない失敗をする可能性は減らせます。ぜひチェックしておきましょう!

 

 

マンション売却終了までの流れは大きく分けて3段階あり、以下のとおりです。

 

マンション売却までの3段階の流れ

マンションを売りに出す
  1. 不動産業者をネットなどで探す
  2. いくつかピックアップした中から決める
  3. 物件調査と担当者との面談
  4. 媒介契約を結ぶ

この段階では業者選びすることになります。となるとどこの業者がいいのかわからない方も多いでしょう。基本的に家を購入する人は地元の人が8割というデータがあります。そのため地元に強い業者を選ぶことが大事です。今は一括査定サービスを使うと手早く優良業者が探せるので使ってみてください。

 

利用無料の一括査定サービス⇒イエウール

 

マンションの買い手探し
  1. 売却活動スタート
  2. 内覧者の案内
  3. 購入申込書を受け取る

ここでは基本的に不動産業者が動くだけなのでちゃんとした業者さえ選んでいればお任せでも大丈夫です。ただなかなか売れない場合は「どんな活動をしているのか?」「問い合わせはどれくらいあるのか?」「そのうち内覧希望は何件入っているのか?」を聞いていきましょう。どこに問題があるのか突き止めて対処していくことになります。

 

こちらもご覧下さい⇒売れない場合の対処法

 

マンションの買い手が見つかった後
  1. 売買契約条件の取り決め
  2. 売買契約を買主と結ぶ
  3. 決済準備
  4. 決済の実行

この段階では契約書作成から代金授受までの流れとなっています。ここもきちんとした業者なら大きな問題は発生しないはず。経験豊富なら何がトラブルになるのかよく知っているはずなので的確に対処してくれるでしょう。無事終了したら鍵を渡して完了です。

 

 

かなりおおまかな流れですが、各項目の細部まで知る必要はありません。この中でとくに大事なのは業者選びです。ここだけは「近くに店舗があったから」「チラシを見たから」といった適当な理由で選ばず、多くの不動産業者に査定してもらってそのときの担当者の対応や知識を見ておくと安心です。

 

地元優良業者が探せます⇒イエウール


関連記事