不動産売却と老人ホーム

家の売却と老人ホーム

 

今認知症になる高齢者が増えているそうです。そしてウチの親の物忘れがヒドイかも・・・?と感じるこの頃。きっと似たような状況の方も多いんじゃないでしょうか。なってしまってからだといろいろ大変そうなのでそろそろ老人ホームのことも考えておいたほうが良さそうです。また、今住んでいる家を売って老ホームの入居費用にしたいシニアの方もいらっしゃると思います。そこで老人ホームについて調べたことをまとめてみました。

 

不動産売却についてはこちらのページにいろいろ書いてますのでご覧ください⇒不動産売却

 

老人ホームの種類

高齢化が進むにつれ、老人ホームも多様化しています。ただ単にお年寄りが暮らす家的な役割だけでなく、認知症介護やリハビリ施設のあるもの、介護レベルに応じて分けられた施設などがあります。それ以外にもさまざまな付加価値のあるお年寄り用住居などもできています。そこで主なお年寄り向け施設について種類ごとにピックアップしました。

 

特別養護老人ホーム
入居対象者

65歳以上の要介護者(自宅での生活が困難で常に介護が必要な人)

入居期間

長期可能

サービス内容

食事、入浴、排泄といった日常生活のお世話
機能のトレーニング、健康管理、療養のお世話

 

「特養」と略されて呼ばれることも。国や自治体の補助があるため他の施設より低価格なので2,3年の入所待ちがあることも多いようです。

 

介護老人保健施設
入居対象者

リハビリすれば自宅で生活できるようになるシニア

入居期間

3カ月ほど

サービス内容

病院での治療後のリハビリ補助
他の施設へ入るための準備

 

「老健」と呼ばれます。自宅で生活できるようにするためのリハビリ重視の施設です。

 

グループホーム
入居対象者

認知症になったお年寄り

サービス内容

5〜9人で1つの住居に住み、介護や生活支援、機能トレーニングを補助

 

ケアハウス
入居対象者

軽めな支援だけで十分なお年寄り

サービス内容

一応自立した生活は可能ながら不安がある方向けの援助全般
介護が必要な場合は訪問介護サービスを利用

 

完全に介護が必要になると別の施設へ移ることになります。

 

有料老人ホーム
入居対象者

生活支援や介護が必要なお年寄り

サービス内容

食事、入浴、排泄、家事全般、健康管理など
介護付き施設なら介護も含まれます

 

この老人ホームには以下の3種類あります。

 

介護付有料老人ホーム

「特定施設入居者生活介護」認定を受けた施設でスタッフが全部面倒見てくれます。

住宅型有料老人ホーム

「特定施設入居者生活介護」認定を受けていない施設。生活支援がメインとなっています。

健康型有料老人ホーム

自立した生活ができるお年寄り向け施設。介護が必要になると他の施設に移らないといけません。

 

サービス付き高齢者向け住宅

最近増えてきたタイプ。床面積25u以上、トイレ、浴室、キッチン、手すり、バリアフリーなどの条件をクリアーしていればマンションの一室でもできる施設です。最低でも日中は専門スタッフが常駐してくれますが、その辺はサービス提供者によってまちまち。サービス費用のほか、家賃もかかってきます。

 

 

いやホントいろいろあります。そして料金によってサービスの質はピンきり。以前テレビで1億払って入居する老人ホームも紹介されてました。

 

そして認知症だとグループホームですね。ウチの親にはそうなって欲しくないので、今から脳みそ使うよう対策せねば!あと食べ物なんかも気をつけないと、です。そして親だけでなく自分が入ることも考えてとっとと不動産投資で稼がないと!


関連記事