築40年の家を売るには?

築40年の家

築40年の住宅になると、かなり見た目がぼろぼろになってきます。

 

もちろん定期的にメンテナンスをしていればきれいな状態を保つことができますが、家の間取りが古いためわざわざ古い住宅を欲しがる人は非常に少ないでしょう。

 

このような場合、売ることが可能か問題になりますが、基本的には土地の値段はそれなりの価値はあるものの建物の価値はほとんどないと考えておきましょう。

 

築40年の木造一戸建ての価値

相場は建物によっても異なりますが、たとえどんなにキレイにしていたとしても、木造の家であれば0円と考えておけば間違いありません。たとえ愛着があったとしても・・・。

 

木造住宅の場合であれば、築40年も経過せず30年程度で価値がゼロになると思って間違いありません。法定耐用年数は木造住宅の場合22年とさだめられています。

 

しかも40年以上前の住宅になると耐震基準が古い時に建築された住宅ですので、大きな地震が発生した場合には耐えることができない可能性が高くなります。

 

このような住宅に価値をつけようと思ってもなかなか難しいのが現状で、これを売却しようと思えば少し工夫をする必要が出てきます。

 

 

築40年の鉄筋コンクリートの価値

鉄筋コンクリート住宅の場合は耐用年数が50年と長いため、500万円ぐらいの価値がある可能性があります。

 

もちろん、建物の状態によって大きく変わってきますのでそれ以上の価値を求めることもできるでしょう。

 

 

家を高く売るためにできる工夫は?

いずれにしても、そのままの状態で高い金額で売却するのは難しいと考えるべきですが、工夫をすることで高く売却することも可能です。

 

耐震基準をクリアーする

その一つは、木造住宅に関して言えば耐震基準を見直すことが必要になるでしょう。

 

1981年より前に建築された住宅の耐震基準は現在の耐震基準になっていないため、耐震リフォームをすることで価値が一気に上昇する可能性があります。

 

この時問題になるのは、果たしてその住宅を欲しがる人がいるかどうかです。

 

耐震性を強化する場合にも料金がかかりますので、高い費用がかかっているにもかかわらずだれも購入しなければ無意味な投資になってしまいます。

 

 

そこで、不動産会社に実際に欲しがる人がいるかを聞いてみることが大事になります。

 

耐震工事をする場合でも50万円から400万円ぐらいまで様々なレベルがありますが、現在の耐震基準に合わせるならば200万円ぐらいの耐震工事をしておくことが大事です。

 

そうだとすれば、200万円の出費があった以上は200万円以上の金額で売却をする必要があります。

 

売却をするときには不動産会社に仲介手数料を支払うことになるだけでなく、司法書士に登記などをお願いしなければなりません。

 

それらの諸費用だけでも100万円以上かかりますので、土地代も含めて300万円以上の金額で売却をする必要があるでしょう。

 

外壁塗装で見た目改善

見た目の問題がある場合には、外壁塗装をして売却をする方法もあります。

 

外壁がみすぼらしければ、いかに部屋の中がきれいであっても、よい値段はつかないでしょう。

 

そこで、外壁塗装をすることでより魅力的な住宅を演出することができます。

 

外壁塗装は、特に高い塗料を使わなくてもよいです。

 

なぜなら、きれいに見せるのがポイントだからです。

 

塗料自体は標準的なシリコン系塗装などを使えば十分ですが、場合によってはウレタン塗料などで対応してみてもよいかもしれません。

 

 

【無料】入力30秒!複数の外壁塗装業者から一括見積
リショップナビ

 

 

リノベーションを考える

 

価値を高めるにはリノベーションをする方法も考えられますので、リノベーションを検討してみてもよいでしょう。

 

リノベーションとは、躯体をそのままにしてそれ以外の部分を全く新しくすることです。

 

これにより、40年前の住宅とは思えないような新しい住宅にすることが可能です。

 

最近はリノベーションした住宅を求めている人も多く、うまくいけば確実に高い金額で売却することができます。

 

リノベーションした住宅に住みたいと考えている人は、新しい住宅を安い金額で購入しようと思っている人です。

 

そのため、いくら価値が出るといっても新築並みに高い金額まで価格設定をしてはいけませんので、手を加える部分もほどほどにしておくべきです。

 

ある程度大きな建物であれば500万円以上のお金を使ってリノベーションをすればかなり見た目が大きく変更されます。

 

当然ながら、実際に情報を持っている不動産会社にどの程度までリノベーションをしたらよいかを聞いてみることが重要になるでしょう。

 

地域によっては自分たちで手を加えたいと思っている人もいるからです。

 

同じように、全くリフォームしない方がよい場合も考えられます。

 

つまり、リフォームをすると逆に価値が落ちてしまう場合です。このような場合には、リフォームをするだけ無駄にお金を支払うことになりますので、一切リフォームをしない状態の方がお得になります。

 

リフォームをするべきかそれともしないべきかをどのように判断するかといえば、不動産会社に聞いてみて周辺地域の人はどのような住宅をほしがっているかを調べることが大事です。

 

必ずしもリフォームをしたら売れないわけではありませんが、おおよその傾向を聞いてみることでどちらにするかが決まるでしょう。


関連記事