所有不動産の相場を知っておこう!

不動産売却 一括査定

 

不動産投資家にとって大事な出口戦略。となると売却額がどれくらいになるのか?を知っておくことが非常に大事なポイントとなります。ただ日本では家賃収入で収益を上げていくパターンがほとんどなので売却益で儲ける投資方法はあまりされてないみたいですね。またはじめて投資物件を購入した人だと出口戦略なんて考えてすらいないかもしれません。私も利益出てる物件なら修繕しつつずっと所有し続ければいいんじゃ?と思ってますし(汗)。でも手持ち物件の売却額がどれくらいになるのか?を知っておくことは投資家として必要なことだとも思います。もし買った物件が全然利益でない状況になったら、ヘタに対策するより売却してしまったほうが手っ取り早いかもしれませんしね。というわけで手持ち不動産の相場を知る方法や売却方法について調べてみました。

 

相場を知るのに便利な不動産一括査定サービス

一括査定サービスって知ってますか?簡単に言うと、複数の業者に一括で申し込んでくれる代行サービスみたいなものです。一括査定サービス提供会社が有力な不動産買取業者と提携していてそれらへ査定依頼してくれるもの。信頼できる業者探しってなかなか大変ですがコレ使えばその手間をショートカットできます。

 

また不動産の売却額ってネットで調べられるものじゃないですし1つとして同じ条件のものってありません。またその時々によっても変わってきます。となるとその時点で実際に査定額だしてもらうしかリアルな価格はわからないわけです。ただ1社では相場価格なのかわからないので複数社で見積もりを取る必要があります。この面からも一括査定サービスは便利です。

 

さらに複数社から査定額をもらうことで一番高いところを探しやすいっていうメリットも。

 

一括査定はこんなサービスです

 

売買成立したらその提携業者から何%かリターンをもらってるので利用は無料です。ただ普通に業者へ依頼するのと一緒で、売却するときは選んだ業者へ仲介手数料が必要になるので「完全に無料で使える!」と勘違いしてはいけません(汗)。あくまで有力な不動産業者探しの手間を省いてくれる(ついでに相場をもわかる)サービスですね。

 

もし売却しないとしても「今回は見送りますが売却するときにはまたお願いするかもしれないのでお願いします」などとして友好な関係を築いておき、良い情報があったら貰えるようにしておきたいですね。

 

購入した仲介業者に聞いてみる

この場合一社だけなので相場はわかりませんが付き合いをさらに深めるチャンスでもあるのでおすすめな方法です。ただ本来マイホームに強い業者がたまたま入手した物件だったりすると得意分野ではないので査定額の信頼性も低くなります。そんな場合は一括査定サービスのほうがいいですね。


関連記事