媒介契約はどれにすべき?

媒介契約はどれにすべき?

 

不動産売却時にはほとんどの方は業者に依頼して売ってもらうんじゃないかと思います。このときの契約形態には

 

一般媒介、専属媒介、専属専任媒介

 

の3種類があります。それぞれの特徴は以下のとおりです。

 

媒介契約の種類

契約形態

内容

一般媒介契約複数業者と平行して契約できる形式
専属媒介契約一社のみと契約する形式。自分で買主を探すことは可能です
専属専任媒介契約一社のみと契約する形式。自分で探すことはできません

 

完全におまかせになる「専属専任媒介契約」の場合、自分で相手を見つけても仲介手数料が発生します。ほかレインズへの登録あるなし、活動報告の頻度などが違っています。私もメルマガ登録している不動産業者「水戸大家さん」はレインズに登録しなくてすむ一般媒介にしてやっている(詳細は水戸大家さんへお問い合わせください)、と社長さんの動画かメルマガで見かけました。ただここは一般的な業者とかなり違う社風ですし、顧客を抱えてる数も違うと思うので特殊な例かもしれません。

 

一般的な業者さんは取り組みやすい専属か専属専任を勧めてくるようです。これならよそに仲介手数料をとられる心配がなく安心して取り組めるからですね。もし一般媒介契約にした場合、業者側が営業活動に費用を投じても回収できる見込みが減ってしまいます。最悪ムダになる可能性もあるので積極的に売り込んではくれないでしょう。

 

少しでも高く売りたい場合は一般媒介のほうがより多くの買い手の目にとまるので可能性が高くなります。なんですが、業者的には融資が通るかわからず契約まで持っていける確立が少ない買い物件の仲介より、専属契約で確実に手数料がもらえる売り物件の仲介を好むようです。なので一般媒介でも受けてはくれるんですが、確実性が減るのでやる気はに関しては疑問です。それなら「水戸大家さん」に頼むか、売却に強い業者と専属契約を結ぶことがより相場に近い価格で売却しやすいと言えそうです。ちなみに「水戸大家さん」のステマをしてるつもりはありませんのであしからず(汗)


関連記事