不動産売却時の業者選び

不動産売却時の業者選び

 

自分の身の周りに買い手がいるならいいんですが、たいていの人は業者へ依頼することになるでしょう。ただ不動産業者にも得手不得手があります。そこで投資物件を売却するときどんな業者へ依頼するのがいいのか?について調べたことをまとめています。

 

投資物件の売却に強い不動産業者を選ぶ

当然といえば当然ですが、マイホームしか取り扱っていないところや賃貸専門の業者では依頼すれば受けてくれるかもしれません。でも相場や高く売るためのノウハウは乏しいので相場より安く売られてしまうかもしれません。購入する側からみればこういった業者が市場にだしてくれたほうがおいしい物件であることが多いんですが、自分の場合は避けたいですね。

 

で、どんな業者がいいを選べばいいのか?
それはお客さん情報をいっぱい持っているところです。そのほうが売りやすくなります。となると大手業者がいい気がしますが、大手ほど不動産業界の悪習である「囲い込み」をしがちらしい。「囲い込み」とは売主と買主の両方から仲介手数料をとること。そのためには他の不動産業者が抱える顧客には売れません。自分のところで両方見つけないといけないため、他の業者から問い合わせがあっても適当にはぐらかして買わせないようにしてしまいます。すると買い手がみつかるまで時間がかかる可能性が高くなりますし、他の仲介業者経由ならもっと高値でも買ってくれる人がいてもスルーされてしまいます。

 

ですので大手はやめておいたほうがいいですね。もちろん全部が全部とは言えませんが、囲い込みされる可能性は確実に高いわけなので避けたほうがいいでしょう。

 

どうやって売却に強い業者を探せばいいのか?

高値で売る方法を知っているか確認するため自分の物件情報は詳細には出さず「どうやって売るのか?」をそのまま聞いてみましょう。たいていの業者はネットに掲載するなどありきたりな方法とともに「頑張ります」など熱意ある言葉が返ってくるようですが、そういったところはダメです。ノウハウがあるところなら売り慣れているのでより具体的な回答が返ってくるはず。回答内容が最初は◯◯万円で出す、いついつまでその価格で様子見する、など具体的なやり方でないなら売り慣れてないと判断できます。
ほか、過去の実績を聞いてみます。そのとき売った物件の情報もいくつか教えてもらい相場をチェックして見るとより確実です。もちろん過去と現在で状況は違うと思いますが、複数チェックすればたまたま売れただけかそうじゃないかはわかるでしょう。


関連記事