田舎の家の値段

田舎の家 値段

 

私の親の実家はかなり山奥にあるんですが、きっと値段つかないんじゃないかと思われます。ただそこまで辺ぴな場所に空き家持ってる人のほうが少ないはず。国道や県道など整った道からそれほど離れてない程度なら値段つかないことはないでしょう。そこで田舎の家はいったいどれくらいの値段で売れるのか?について調べてみました。

 

不動産相場価格で売れることはまずありません

残念ながらこれが結論です。買った時数千万したとしても、不動産の値段付けで購入価格なんて考慮してくれません。

 

都会に住む人の価値観だと、田舎の家みたいにでかい家なら高く売れそうなイメージを持っているかもしれません。でも田舎の家で比較的売れ筋の価格帯は土地100坪で500万円くらい、特にリフォームなどしなくても住める状態なら1000万円くらいが多いそうです。個人的にはまぁまぁな値段かな?とは思います。ただそもそも不動産仲介業者がこれくらいの売値じゃないと売れない、儲からないからこの価格帯が多いのも事実。これより安い売値でしか設定できない家だとそもそも仲介業者が受けてくれない可能性があります。購入者側からすると出回ってないだけでもっと安く買える家もあるかもしれませんけどね。

 

そしてこの売れ筋の価格帯はあくまで売値。不動産業者の取り分引いたら更に下がります。仮に空き家のある地域の広告に載ってる似たような物件の売値が1000万だとしたら半分以下になってしまう可能性もあります。

 

不動産仲介業者に依頼した場合の値段

仲介業者に依頼したなら、似た条件の空き家が1000万でもたいてい7〜800万くらいを業者は提案してくるようです。業者も売れにくい在庫は早く捌きたいですからね。相場より安くすることが売るには一番手っ取り早いんです。ちなみに仲介業者の利益は対象物件の値段×3%+6万+消費税が一般的なので、800万なら30万くらいとなります。

 

不動産業者に買い取ってもらう場合の値段

また不動産業者に売値1000万相当の空き家を買い取ってもらうなら300万くらいが妥当なラインみたいです。3分の1です。ちょっとビックリなお値段(汗)。ただコレでも業者からするとマイナスになる可能性もあるんです。修繕費や広告宣伝費、その他維持費もバカになりません。また田舎の家ってすぐ売れる可能性は低いですし、売れにくい在庫なんて不動産じゃなくても持ちたくないですからね。

 

 

田舎の家って売る側も安くてがっかり、業者も面倒ごと抱えてがっかりでいいとこなしなんですね(汗)。かといって売らないと経費がかさむだけです。相場価格よりかなり安かったとしても売ってしまったほうがお得でしょう。


関連記事