田舎の家売却時の業者選び

田舎の家売却 業者

 

売りにくい田舎の空き家を売却する方法はいろいろありますが、一番手っ取り早いのは不動産業者へ依頼することです。売るための広告宣伝媒体も持ってるわけですし、買い手の情報も一番知っています。市街地の空き家なら自力でも売れる可能性高いですが、田舎の家は難易度高いのが現状です。

 

そこで不動産業者へ依頼することになるんですが、どういう業者を選ぶのがいいんでしょうか。ここでは業者選びのポイントについてまとめてみました。

 

 

田舎の家売却に慣れている業者を選ぶ

不動産業者にも得意不得意があります。都市部にある業者へ田舎の空き家を売ってくれ!と言ってもよほど太いパイプがない限り断られるでしょう。そこで田舎に強い業者を探すことになりますが、田舎に強いと言ってもその地域だけに強いのか、市区町村・都道府県や全国レベルで強いのかはさまざまです。今所有している空き家の建っている地域に応じて選ぶ必要があります。

 

地元に強い不動産業者

空き家のある地区に特化した不動産業者なら当然その地区の情報には詳しいです。ただ全国的に買い手が欲しがる家情報を持っている業者に比べ、田舎の家のメリットなどに疎く、かなり安く見積もられる可能性があります。田舎の家を欲しがっている都会の人が魅力に感じるポイントを価格に反映しないこともあるんですね。ただ田舎くらしに関する広告を出してるなら魅力的な部分を知っている可能性もあるのでチェックしてみましょう。ちなみに地元業者の対応エリアかどうかは賃貸物件の有無である程度判断可能です。

 

全国に対応している田舎に強い不動産業者

いわゆる田舎暮らしに憧れる都会人に物件紹介する業者ですね。「ふるさと情報館」なんかはかなりの大手みたいです(⇒http://www.furusato-net.co.jp/)。というか最大手かも。こういった業者は地元特化の業者より田舎の家の付加価値を知っています。ここによると、太い梁や大黒柱がある古民家は人気が高い、田舎の家を欲しがっているのはほぼリタイヤ組なんだそうです。もしそういったターゲット層に魅力的なポイントがあるならかなり有力な業者ですね。ただ魅力的なポイントが無くても購入者の過半数は普通の住宅を買ってるそうなので、まずはホームページにある無料査定ページを使ってみてください。

 

ここまで書くとものすごく良さそうに思えますが、逆に田舎でも住宅街や市街地にある物件は合ってない業者と言えます。まずは自分の所有物件の状態を知ることが肝心ですね。

 

地元と全国の中間レベルの不動産業者

都道府県別だったり、関東エリア、東海エリアといった地方単位を活動エリアにしている不動産業者です。こういった業者は地元情報も都会人の嗜好にもそこそこ強いといえます。ある程度都会人の嗜好も知りつつ地元にも強い感じです。北海道や沖縄など地区そのものに価値がある地域に向いていると言えます。

 

 

こうやって見てみると、かやぶき屋根みたいな特殊な家は売れる可能性ありかも?我が家の実家はボロいかやぶき屋根があるんですが、都会人に魅力的に映る可能性が?!ちょっと期待できるかもしれない。ただ数十年メンテしてないからダメそうな気もしますけど(汗)

 

 


関連記事