不動産購入後の大家の仕事

不動産購入したあと大家がやる仕事にはどんなものがある?

 

ようやく投資物件を買えた!となったら次は運営管理です。ここで大家自ら掃除したり家賃回収したりするひとも稀にいるみたいです。が、ワンルームマンション1室や近所の物件1棟、2棟ならいざ知らず、もっと拡大していこうとしたときにそれでは時間も労力ももったいないです。また手の届く範囲である地元にこだわっているといい条件の物件をいつまでたっても買えない可能性が高くなってしまいます。

 

そこで晴れて不動産オーナーになった大家さんにはどんな仕事があるのか?についてまとめてみました。

 

大家さんのやる仕事

すでに前置きで答え出てますが、自分で管理しない=管理会社に依頼することになるのでこれといってやることがなかったりします(汗)。せいぜい管理会社から送られてくる報告書や連絡事項をチェックするくらい。

 

ただこれは運営がうまくいっている時のこと。報告をチェックし、空室がなかなか埋まらなかったりするなら管理会社へこまめに確認の連絡をします。これをしないといいかわ悪いかもしれませんが管理会社に舐められます。「この大家さんは何も言ってこないな〜。空室でてるけどとりあえず今の感じでやっておけばいいか」となります。そうならないようお金払っているんですからきちんと動いてもらいましょう!

 

というわけで、大家さんがやる仕事は要するに不動産経営=社長さんになることですね。人に働いてもらってできた自分の時間を次の投資に使うなど有効活用することです。もちろん趣味に費やすのもありですけどね。

 

不動産投資からの収入を(ほぼ)不労所得にするためにしたいこと

任せられるものは全部業者任せにしよう

不動産管理会社には得意不得意、カバー範囲があります。そして、管理業務には、定期メンテナンス、修繕依頼、家賃収集、入居者募集、入居者の対応などがあります。いろいろなパターンで依頼できますが、不労所得にするには全部お任せすることになりますね。相場は家賃の数%くらいになるようです。10%以上とるような業者は怪しんだほうがいいかもしれません。そんな業者にあたってしまったら細かく管理業務内容を聞くべきでしょうね。またその内容が必要かどうか判断できる知識も要勉強です。
ただ私が営業マンで大家さんに「本やネットで書いてありましたよ」みたいに言われたら「よく勉強されてますねー。でも本に書いてあることってすべてには当てはまらないんですよ。特にこの業界は」的返し方すると思います。鵜呑みにしないように(笑)

 

コストカットのためにDIYなど自分でやらない

最近テレビでもよくDIYやる芸能人がでてます。T◯KI◯なんかはすごいですね。今はホームセンターでも材料豊富に揃ってますし自分でやる方も多いんじゃないでしょうか。でも上で書いたとおり基本業者まかせが理想です。ただ業者も自分のとこでやるわけじゃなく関わってるリフォーム業者へ依頼することになります。ここでたとえば和室から洋室にリフォームするなら自分でホームセンターに依頼したほうが安くなる可能性があります。ささいなリフォームなら金額に大差ありませんが、それなりにお金のかかるリフォームの場合は自分でも見積もりとっておき、かなり差があるなら自分で依頼したほうがいいですね(管理業者にもよりますが)。今後投資拡大していく上でもそういった知識は役立つはずです。


関連記事