不動産売買と印紙税 収入印紙について

印紙税と不動産売買【収入印紙について】

 

府倒産について勉強し始めるまで印紙税について詳しく知らなかったんですが、数万以上の領収書に貼ってある収入印紙のことなんだろうとは思っていました。

 

見たことあったのは200円の印紙が貼ってある領収書くらい。

 

ですが、これって領収書以外にもいろんな書類に貼り付けるものなんですよね。

 

あと金額によってどんどん高くなっていくのでビックリしたものです。

 

そこで、この収入印紙についてまとめました。

 

 

印紙税とは?

領収書や契約書などの文書(課税文書という)を作った人が払わないといけない税金。

 

領収書などに貼り付ける切手みたいな見た目の収入印紙を購入して文書に貼付け、消印することによって納税となります。

 

必要になってくる印紙税一覧

課税文書に書かれている金額貼り付ける収入印紙の金額
金額明記なし200円
49,999円以下必要なし
50,000 〜 100万以下200円
1,000,001 〜 200万以下400円
2,000,001 〜 300万以下600円
3,000,001 〜 500万以下1,000円
5,000,001 〜 1000万以下2,000円
10,000,001 〜 2000万以下4,000円
20,000,001 〜 3000以下6,000円
30,000,001 〜 5000以下10,000円
50,000,001 〜 1億以下20,000円
100,000,001 〜 2億以下40,000円
200,000,001 〜 3億以下60,000円
300,000,001 〜 5億以下100,000円
500,000,001 〜 10億以下150,000円
10億〜200,000円

(※追記 文書の種類によって違い、これは売上代金(領収書)のものでした)

 

金額大きく見せるためあえてゼロいっぱいで表記してみました。

 

見づらかったらすみません(汗)

 

昔、居酒屋で2万くらいの領収書もらったとき、バイトの子に貼る必要あるか聞かれてお願いしたことがあります。

 

あれ必要なかったんだなー(汗)

 

ここで謝っておきます。

 

ごめんなさい。

 

話を戻して将来的に買っていく不動産は5000万〜1億前後くらいになるだろうと思ってるので契約書1通で2万とか必要なんですね。

 

物件を10棟買うなら20万ですね。

 

不動産を買えるような経済状態になったならそれほど大した額じゃないんだろうけど、領収書に貼っつけてある切手みたいなのが20万分もするのがなんともいえませんね。
(※追記 軽減税率というものがありもっと安くなります)

 

収入印紙はどこに売ってる?

郵便局で買うのがいいですね。

 

あと収入印紙売りさばき所と呼ばれる指定場所でも売っています。

 

コンビニにも売ってるところがあるようですが不動産売買の契約書に貼るレベルのものはないでしょうね。

 

ってそういえば昔ファミマでバイトしてたとき200円の収入印紙売った覚えあります。

 

まとめ

不動産の売買時に必要になる印紙税と収入印紙について解説しました。

 

金額によって必要ある・なしが変わってくる収入印紙。

 

不動産業界の人なら恐らく問題ないと思いますが、それ以外でも関わる機会のあるものです。

 

金額に応じた印紙税も頭の片隅に覚えておきたいですね。

 


関連記事