いい投資物件の条件とは?不動産投資の最適解

投資物件 条件

いい条件の投資物件に出会わないかな?
そう思いながらポータルサイトの物件情報を眺めている方も多いのではないでしょうか?

 

物件価格にもよりますが将来的に何棟も所有したいと思ったとき、やみくもに買っていては途中で融資がでなくなるパターンが多いです。
最近でもサラリーマン投資家が通常の金融機関の審査では通らないような高額な投資用物件を購入させられたうえ、不動産運用を代行する会社が破産したため多額の負債を負うこととなった通称「かぼちゃの馬車事件」(スルガ銀行提携ローン)もありました。
年収の改ざんなどをしてローンを通していたみたいですね。
不動産投資に対しての知識がないことをいいことにいわれるがまま色んなことにサインして進めたのでしょう。

 

この事件をきっかけに金融機関の融資はさらに厳しいものになりました。

 

 

ほとんどの属性の方は通常の与信では融資総額2億くらいがボーダーラインとなるようです。
また、安くて収益性の高い築古の木造物件を買っていると、次にいい条件の物件が出ても融資が下りない可能性が高くなります。
金融機関によってはいくら利回りが良く収益が出てても担保評価が出ないとダメですね。

 

もちろん個人属性がいい人や実績がある人、特定の金融機関なら借りられます。。
でも特に資産もなく年収が飛び抜けて高いわけでもないサラリーマン投資家がこの先何棟も買っていこうと思っている場合、できるだけ避けたい物件です。
一棟のみでいい、賃料収入で実績を見てもらい年収アップによって融資を受ける場合はいいと思います。

 

金融機関の特徴で2棟目の審査で1棟目の借り入れを考慮しないところも有りますのでまずはそういう金融期間で2棟目を購入する前提に
1棟目の審査に厳しめの金融機関をチョイスするのも手ですね。

 

大阪収益物件最新情報

 

 

そこでどんどん買い進めても問題ない、次の融資も勝ち取れる「いい条件の投資物件」とはどんなものなのか?について調べたことをまとめてみました。

 

 

いい投資物件選びで見るべき条件

いい物件を選ぶポイント

 

条件は2つ。

 

キャッシュフローが出ること、売却しやすいこと(評価が出やすいこと)です。

 

それぞれどうして大事なのか?について以下で解説していきます。

 

キャッシュフローが出る投資物件

キャッシュフローが出なければ不動産投資する意味がありません。

 

資産家ならその他目的もありですが、副収入を得たい人、家賃収入で食っていこうと思っている人ならこれは絶対条件です。

 

キャッシュフローがきちんと出る物件なら、手持ちキャッシュが増えやすいので頭金出してるなら回収が早くなりますし、無駄遣いしなければ自己資金を増やすことで次の融資審査で有利になります。
キャッシュフローを収益として金融機関は評価します。※ここがポイントです。

 

 

売却しやすい投資物件

売却しやすい物件ということは購入する方が金融機関を利用して購入する場合が多いので担保評価のつきやすい物件となります。

 

高利回りの築古ボロアパートをリフォームして儲けましょうなどと最近は再生させて収益を生むような投資が流行っていますが、
現金とDIYでやるなら相当儲かると思いますが、副業としてはかなり厳しいものがありますよね。
ましてや、土地も小さく評価のつかないような辺鄙なところなど。
利回りは下がってもいい土地にしっかりした物件を買うことが間違いないかと思います。
次に購入される方の需要が減っていく場所など論外です。

 

 

以上のような物件を狙う=土地価格の上昇が見込め、周辺環境に悪い変化がなさそう、構造のしっかりしているもの、利回りは少し下がってもキャッシュフローの出るもの。

 

 

まとめ

不動産投資で成功するためには専門家の助けも必要ですが、なにより最終的な判断を下すの投資家自身です。
このため、主体的に情報を収集できる人は、不動産投資で成功する確率が高くなります。
買い進めて言っても金融機関が評価してくれる物件を探し続けること。
ここでとり上げたポイントを気にしつつ買い進めていきたいですね。

 

大阪収益物件最新情報

 

 

 

 


関連記事