リフォームを安く済ませる方法

リフォームを安く済ませる方法

 

退去者がでればリフォームすることになります。

 

一生住んでくれる事のほうが稀なので必要経費なんですが、どうせなら出来るだけ安く済ませたいのが心情です。

 

そこでリフォームを安く済ませる方法について調べてみました。

 

 

リフォーム方法は4パターン

まずリフォーム方法には次のパターンがあります。

 

  • 自分でDIYする
  • 材料だけ自分で揃えて業者へ依頼する
  • 自分で業者へ発注する
  • 管理会社へ任せる

 

安いリフォーム方法

自分でDIYする

一番安いのは自分でDIYですね。

 

ただスキルも時間も必要なので趣味で1,2棟不動産経営してるレベルならまだいいんですが、将来事業規模に拡大していこうとする不動産投資家にはおすすめできません。

 

任せるスキルを磨くことも必要ですからね。

 

材料だけ自分で揃えて業者へ依頼する

自分でDIYの次に安いのはこの方法。

 

壁や天井に貼り付けるシートや床材などを自分で買ってきて施工だけ業者へ依頼します。

 

必要量がどれくらいになるのか相談したり売ってるところを探す手間がかかりますが、基本的に材料は業者が用意するより安く買えるのでコストカットが可能です。

 

楽天にも売ってるので一度探してみるといいと思います。

 

自分で業者へ発注する

自分で安い工賃の業者を探してきて依頼することになります。

 

知り合いにリフォーム業者がいて格安にしてくれたりするならおいしいですね。

 

また畳部屋をフローリングにするなら業者よりホームセンターで依頼したほうが安いことも多いようです。

 

リフォーム業者探しなら

リショップナビ見積もり

 

その他リフォーム方法

管理会社へ任せる

これが一番ラクですね。

 

たいていの不動産管理会社はつながりのあるリフォーム業者がいるので業者経由で依頼してもらいます。

 

業者次第なところもありますが、設定家賃に見合ったリフォームをしてくれるはず。

 

仕事を紹介してる分管理会社へのリターンがある場合が多いので割高感あるかもしれませんが、他の方法と極端に費用が変わらないなら信頼関係構築のためにもこの方法がいいですね。

 

 

ほかにも工事の場所や種類(床、壁、天井、浴室など)で発注先を変える方法もあります。

 

種類ごとに直接職人さんに依頼するので中間マージン無しとなり業者任せより報酬が安くできます。

 

ただこれは職人さんを知ってること、スケジューリングがきちんとできることなどハードルは高いのでおすすめできません。

 

低コストで効果的なリフォームいろいろ

 

まとめ

安いリフォーム方法について紹介しました。

 

安く済ませるには人件費削減が手っ取り早いです。

 

そうなるとDIYなど自分を労働力として使うことになります。

 

ただしそれでは不動産事業を拡大していくつもりの投資家にとっては時間の喪失です。

 

やはり専門業者とのつながりの中で、ある程度の相場を知ることが感じですね。

 

あとはお得意さんだから少し安くしてくれる、など業者側から選ばれる立場になっていくようにしたいですね。

 


関連記事