遠くにある不動産の現地調査はどうすればいい?

遠くにある不動産の現地調査はどうすればいい?

 

不動産投資を拡大していくとき、地元物件だけで買い進めていくのは困難です。

 

そうなると他の都道府県のものを購入することになります。

 

買う前の現地調査はやるに越したことはありません。というかやっておかないと後々後悔する可能性が高くなるのでやるべき部分ですね。

 

でも物件が遠くになるとどうしても時間やお金がかかります。

 

うまくやる方法はないんでしょうか?調べてみました。

 

現地調査は遠方でも必ず実施しよう!

結論は現地調査は必ず実施する、です。現地に行かずにうまくやる方法はありません。

 

そして買付申込をしてから最後に現地調査することになります。

 

まず買付申込をしなければ購入できる可能性が低くなってしまうので。

 

そこであとで断りやすくするため仲介業者へ「現地調査前に申し込んでもいいか聞いておき、何か問題点が見つかったら断ります。

 

不動産の現地調査前の準備を入念に!

遠方なので抜け漏れなく一発でチェックし終えるため事前準備をきっちりやっておかなければいけません。

 

事前準備では概要資料&レントロールのチェックがあります。
(⇒概要資料チェックで気をつけたいポイント

 

そのとき物件がある地域周辺の不動産業者に以下の項目を電話確認しておきます。

 

物件周辺の業者へ確認しておくこと
  • 空室を埋められる期間は?
  • 設定している家賃で空室が埋まるのか?
  • 募集費用は?
  • 入居者はどんな属性をターゲットにしているのか?
  • 近くにある似たような条件の物件の空室状況は?
  • 駐車場の数(地方物件は特に)
  • コンビニ、スーパーなど便利施設があるか?
  • 敷金はいくらか
  • 礼金は?

最低2、3社には確認しておき、情報の精度を高めておきたいですね。

 

ここまでで自分なりの基準をクリアしているなら買付申込書を提出です。

 

現地調査でみたいこと

  • 物件の清掃状況
  • 物件のメンテナンス状況
  • 水漏れやその跡
  • 屋上防水について
  • 壁のクラック
  • 周囲に暴力団事務所などないか

 

などがメインとなりますが、詳しくはこちらの記事で
購入前の投資物件チェック

 

まとめ

他県にある収益物件に興味がわいたときの調査方法や確認したいポイントについてまとめました。

 

現地調査できれば一番いいのは間違いありませんが、東京の投資が札幌の物件を買う、なんてパターンもありますからね。

 

もしサラリーマンなら毎回現地へ行って調査なんてなかなか難しいですし、オンライン上や電話での調査がメインになります。

 

複数の不動産業者に聞くことになりますが、現地へ行く労力を考えればたいしたことはないでしょう。

 


関連記事