築35年の家は売れる?価格相場や高く売るにはどうすればいい?その他手放す方法を紹介

築35年の一戸建てを売却 トップ画像

 

一般家屋の価値は約20年ほどでゼロになってしまうと言われています。そのため築35年ですと建物自体に価値は付きにくいのが現状です。

 

それどころか建物を壊すために費用が掛かるため、その分のマイナスなってしまうことも。

 

ただし土地自体には価値があるので売ることは十分に可能で、立地の良い場所なら土地だけでもかなりの金額になるでしょう。不動産の売却はケースによってさまざまなため、個々でよく価値を調べてみることが大切です。

 

築35年の一戸建て売却額はどうやって調べる?

 

どのくらいの金額で売れそうなのかを知る方法としては、不動産会社に依頼するのが基本です。総合的な価値を算出してくれますので、売却の方向性もまとめられます。

 

また1箇所だけでは相場がわからないため、複数の不動産会社に相談をすることで、精度の高い相場情報を得ることが大事です。

 

なお相場を簡単に知るための方法に一括不動産査定を活用するやり方もあります。

 

地道に一軒一軒訪問査定を受ける場合に比べると、はるかに手軽に価格調査ができるのが特徴です。オンラインで価値を導き出してもらうことができるため、手っ取り早く情報を集めたい時に最適と言えます。

 

一括査定の人気サービス
>>イエウール

 

ただし机上査定となるゆえに訪問査定と比べて精度が低くなることもあります。したがって参考情報程度に捉えておく姿勢をもって活用した方が良いでしょう。

 

価値を調べることができたら今度は高く売るためにどうすればいいのか?を考えることになります。

 

 

築35年の家の価値をあげるためにやりたいこと

 

リフォームする

 

築35年の一戸建てをリフォーム

 

築35年一戸建てを少しでも価値をあげるには、リフォームするのも有効手段です。

 

古いというだけで建物の価値は低く見られがちのところ、リフォームでキレイにして価値を上げていきます。

 

しかしながら売却のために安易なリフォームを行うのは注意が必要です。

 

掛かった費用をそのまま上乗せして販売することは難しい上、購入者の自由度を奪ってしまうことにもなりかねません。

 

古い家を狙う人は、できるだけ安く購入して自分の好みにリフォームやリノベーションをしたいと考えていることも多いです。そのためオーナーで手を加えて価格を高くするよりも、そのままの状態で販売した方が高く売れる可能性があります。

 

掃除する

 

築35年の一戸建てを掃除する

 

何を当たり前のことを、と言われそうですが、築35年ともなれば外も中も老朽化がすすみ汚れているはず。建物自体をキレイに磨いておけば、不動産会社や内覧希望者からの印象もアップさせられます。

 

屋根など危険な場所は業者依ョが安心ですが、自分で掃除すれば費用を掛けずに印象良くさせることも可能なので必ずやっておきたいですね。

 

これもひとつの高く売るためのコツですから心掛けておいて損はありません。

 

売り慣れている不動産業者に相談する

 

売る力のある不動産会社に相談をすることも大切です。

 

売却を直接的に行ってくれる業者の力次第で最終的な売り値は違ってくるものであり、どこに頼むかで結果は大きく左右されます。下手に依頼先を決めると大損をする可能性もあるため、選定には十分注意しなければいけません。

 

業者はどうやって見分ければいい?

 

どのような不動産会社に依頼するのが良いのかを見極める方法ですが、ひとつの目安にできるのは査定価格です。

 

高値売却を実現するにはそもそもの査定価格が安いようでは難しいですから、高く評価してくれるかどうかがポイントです。

 

しかし高値を提示してくるところがベストか?というと、そうではない面もあります。

 

中には契約を取るためにあえて高値を提示する悪質業者もおり、売る段階になってから販売価格を下げられてしまうこともあるのです。とくに相場よりも著しく高い金額を提示してくるところは要注意です。営利目的の不適切な査定の可能性も否定できないため、査定価格が良かったからと迂闊に依頼すると失敗する恐れがあります。

 

提示される査定価格の適切さを見極めるには相場を元に判断することをはじめ、価格の裏付けがあるのかもチェックすることが大切です。

 

きちんと根拠があるようなら信頼性も増すものであり、実際に販売実績が多くあれば尚安心感を持てます。そのため不動産会社の信頼性もしっかりと確認しつつ、依頼先を決定するのが重要と言えます。

 

契約形式に注意する

 

媒介契約の選択にもウマく手放すためのコツがあるのですが、高値売却のためには専任媒介や専属専任媒介を選択するのが良いでしょう。

 

これらの他にも一般媒介という選択肢もあるものの、一般媒介だと販売に力を入れてもらうことが難しい傾向があるのです。

 

この契約の場合は複数の業者に同時に販売を依頼することができ、そして販売ができた業者のみに利益が入ります。不動産会社としては手間を掛けたものの利益に繋がらない可能性もあるため、販売には力を入れてくれず結果的に高値では売れにくくなることもありえるのです。

 

その点、専任媒介などは他の不動産会社の介入がなく、販売に成功した場合は利益を得られます。したがって本腰を入れてもらいやすくなり、売却価格も大きくなる可能性があります。

 

頼れる不動産会社を見つけることができれば高く売れるチャンスもアップしますが、築35年以上ともなると売れにくいのは間違いありません。

 

自分でも買い手を探す

 

この場合、いっそのこと自ら買い手を探す方法もひとつに挙げられます。

 

不動産会社に依頼する際の手数料をカットできるため、その分、利益を拡大させられます。

 

ただ契約や引き渡しでのトラブルが起こるリスクも大きく注意が必要です。取引の安全性も大事ですので、無難なのは信頼のできる不動産会社を見つけることと言えるでしょう。

 

 

まとめ

 

築35年の建物自体に価値はない一戸建てを売るためにしたいことを紹介しました。

 

公道に面していない、ボロすぎるなど売却不可能な家でなければ、難易度に違いはあれど売れないことはありません。まずはお金をかけずにできることをやりつつ、不動産業者と仲良くなるなどして、少しでも高く売れるよう自助努力も書かせません。


関連記事