不動産投資で失敗したら売却すべき?

不動産投資で失敗したら売却すべき?

 

経験豊富な不動産投資家でもない限り、思ったよりキャッシュフローが出ていない、またはマイナスになってしまった物件は所有し続けていても改善するのは難しいでしょう。

 

むしろベテランほどさっさと区切りをつけて売却してしまうんじゃないかと思います。

 

そこでそんな不良物件を買ってしまった場合どうするべきなのか?についてまとめました。

 

 

税金の仕組みを知ろう

まず大事なのは税金の知識。

 

個人投資家だと所有期間が5年以内で売却すると譲渡税が39%もかかってしまいます。

 

また5年以上でも20%かかります。

 

そして不動産の売却で得た収入や損失(譲渡所得という)は他の所得と合算できない仕組みになっています。

 

譲渡所得同士なら損失の合算可能

ただ譲渡所得同士なら合算できるので、もし他にも投資物件を持ってるなら、儲かっている物件と不良物件を同時に売却すれば売却益を相殺できます。

 

せっかく儲かってる物件まで売るのは心苦しいかもしれませんが、それ以上に不良物件を持ち続けることは投資拡大していくにあたって邪魔な存在でしかありません。

 

損が少ないなら単体で売却してしまうほうがいいと思いますけどね。

 

ワンルームマンション投資は失敗しやすい

あと不動産投資の失敗例としてよくでてくるワンルームマンション投資。

 

1戸だけなので入居者がいなければ収入ゼロです(家賃保証制度を利用している場合は別ですが)。

 

そんなリスクは高くローリターンなのに営業電話はいっぱいかかってきます(汗)。

 

そして上手に言いくるめられて投資してみたら思ってたより儲からなくて後悔する人が多いようです。

 

そんな物件を買わされてしまったなら、トータルでマイナスになっても売却してしまい、これ以上傷口を広げないようにしたほうがいいと思います。

 

できる投資家は損切りも早い

タイトルでは「取り戻す」となってますが、あくまで今後のために最小限の損失で手放すことが大事ってことですね。

 

儲からない投資物件は持ってても意味がありませんし、今後物件を買い進めていくとき金融機関の審査でマイナスになるだけです。

 

不動産投資家としての能力に疑問持たれちゃいますからね。

 

この人に融資したら失敗するんじゃないの?と判断されても仕方ありません。

 

買ってしまったものは仕方ないので、ささっと売却して損失を最小限に抑えるのが賢い投資家の判断じゃないかな、と私は思います。

 

まとめ


関連記事