売買契約時の注意点

売買契約時の注意点

 

良い物件見つけて融資もおりてやっとのことで売買契約までたどり着きました。さぁもうすぐ不動産オーナーの仲間入り!とウキウキ気分でいると油断しがちです。最後まで気は抜けません。売買契約は一般的に売却主と買主、そして仲介業者がいるならその担当者も含めて交わすもの(売主と買主別々にするパターンも有り)。ここで新たな問題が発生することもあるので最終チェックは欠かせません。そこで売買契約時にどんなところに注意していけばいいのか?についてまとめました。

 

重要事項説明書と売買契約書の注意点

売買契約ではこの2つの書類にハンコを押すことがゴールになります。重要事項説明書は取引する物件情報と取引内容について書かれていて、宅地建物取引士から説明を受けるもの。売買契約書は売却主と買主の合意について書かれています。ここでは後からトラブルが起こらないよう取引に関するすべてのことが書かれていないといけません。些細な問題でも抜けもれなく網羅されているか?を最終的に確認するためにも売主と一緒の場で契約を交わすほうがいいでしょう。

 

概要資料の注意点

売買契約時に初めて判明することもある接道状況や隣人との取り決め事項。これらは概要資料に書ききれないこともあるんですが、不利な情報を後出しにして購買意欲を減らさないようにすることもあるんだそうです。ハンコ押す段階まで来て出すのは卑怯極まりないですが、こちらが最終チェックで対応するしかありません。

 

賃貸契約書とレントロールのチェック

レントロールが契約書に記載されてないパターンもあるようなので載せてもらうよう依頼しておきます。そして賃貸契約書とレントロールを照らしあわせて数字の正確性をチェックします。ここで家賃が違っていることもあるんだそうです。それで収入が増えるならいいんですが、減ってしまう場合差額を請求することになります。契約の場でその点について一言添えておくのも忘れずに。

 

支出項目を最終チェック

共用部の水道光熱費、エレベーター管理費、ネット回線代など支出項目の最終チェックを行います。契約前に確認できているはずですが念のため。

 

付帯契約の引き継ぎ最終チェック

エレベーター管理会社、清掃会社、ネット回線の会社、看板広告があるなら契約先情報などいろいろな契約状況を再確認します。必要ないと思っても解約すると違約金が発生することもあるので、これも契約前に確認しておくべき項目ですね。

 

融資特約の期限チェック

もし融資が出なかった場合に契約解除できる特約も必ず記載されるものなんですが念のためチェックしておきます。

 

瑕疵担保責任について

こちらも融資特約と同様、契約書に必ず記載されるものですがチェックしておきます。

 

 

 

ここまでいろいろな注意点を紹介してきましたが、現実的に売買契約当日に全部チェックするのは難しいでしょう。ですので仮作成版でもいいので早めに書類のコピーをもらっておくことが肝心となります。悪徳不動産業者だと不利な情報を当日だすことで押し切ろうとするパターンもあるようなので注意していですね。


関連記事