Airbnbとは?

Airbnbとは?

 

最近やたら耳に目にするようになってきた「Airbnb」。カタカナにするとエアービーエヌビー。横文字はやめて欲しいですね(汗)。これだけではなんなのかサッパリわかりません。ただこれ民泊関係?の用語なので一応調べてみました。

 

Airbnbとはどんなもの?

アメリカサンフランシスコ発、2008年8月に創業された世界中のユニークな宿泊施設を予約できるサービスです。日本で言う民泊を提供しているサービスですね。世界190カ国、34000都市以上にある施設から選べます。施設の中には1400以上ものお城や個人宅などがあり。そういった施設を通して特別な体験をすることができるのも特徴です。規模もどんどん拡大していて、利用者や登録施設数も増え続けています。施設を借りたい人、貸したい人は会員登録することで利用可能。

 

物件登録は無料。宿泊料金は物件登録者が自由に決められます。変更も自由。プロによる写真撮影サービスも提供されています。iOSとAndroidにアプリ提供中。

 

Airbnb本社情報

会社名: Airbnb Ireland
代表者: Brian Chesky(ブライアン・チェスキー)
電話: 0800-100-1008
住所: The Watermarque Building, South Lotts Road, Ringsend, Dublin 4, Ireland

 

Airbnb日本支社情報

2014年5月に「Airbnb Japan」を設立。
住所: 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ EAST

 

 

公式サイトみてみると、1000円少々で泊まれる施設もあります。そこは賃貸マンション1室をそのまま貸してるっぽいです。大丈夫なのか疑問ですがグレーな感じか?

 

Airbnb施設

 

このサービス、日本では旅館業法とかあって外国のように自宅を登録するのは無理だと思うんですけど、日本の施設検索すると300件くらい登録されていました。ほとんどが自宅みたいな感じ。ちょっと前に東京の大田区で民泊特区どうこうってニュースがありましたが、それの条件がけっこう厳しかったので今の時点では一般家庭が使ってる住居を民泊として提供するのはまだ無理でしょう。普通の宿泊施設なら大丈夫ですけど。日本も早く民泊が自由にできるようになったらいいですね。オリンピックに向けて宿泊施設が足りないのは明白なので日本政府も後押ししてくれてるみたいですし、今後はきっとできるようになるんじゃないかと思います。そうなったら田舎の空き家とか使いみちが見えてきそうです。


関連記事