投資物件の探し方

収益物件の探し方

 

コチラの記事(⇒不動産投資 物件探し【ネット編】)で投資物件探しにおすすめなサイトを取り上げました。

 

私自身ネット上に儲かるような物件情報でてるわけないと思ってましたし、そう思ってあきらめてしまうのは簡単です。

 

実際不動産業者さんもいい情報は先にお得意さんに声掛けしてしまうことも多いようですし。

 

そこで投資物件を扱う業者さんの特徴をまとめました。

 

 

ネットでおいしい投資物件を見つけるのは不可能?

ネット上にある投資物件情報はゴミみたいなものしかないのか?といったらそうとも言い切れません。

 

すべての不動産業者がお得意さんに流してしまうわけじゃないんですね。

 

中には投資物件売るのが苦手な業者さんもいます。

 

そういうところがネット上にポンッとおいしい物件を出すこともあるんだそうです。

 

おいしい投資物件情報を出す業者の特徴

ではおいしい情報出しそうな業者さんってどんなところなのか?それは不動産投資に弱い業者です。

 

賃貸専門だったり、マイホーム特化だったりですね。

 

そういうところが自分のところのお客さんから売ってくれと頼まれたときネット上にでるチャンスが巡ってくるわけです。

 

ですのでこちらができることは毎日かかさず投資物件情報サイトを見るってことですね。毎日チェックすることで稀にあるお宝物件発見能力を高めておくのも必要です。

 

そういう物件情報は違和感を感じるでしょうし。

 

 

ほか不動産投資についての業者の特徴を調べてみました。

 

投資に強い業者

自分のところ専用の売却方法がある
お客さんから売却依頼がよくある
投資家のお客さんがいる

 

投資に弱い業者

収益物件をもともと取り扱っていない
投資物件の賃貸管理がメイン業務
投資物件の仲介業がメイン
投資案件も扱うが、その他にも手広くやっていて専門性がない
地元特化の業者

 

こういった投資に弱い業者は適正価格も知らずに値付けしていることもあるんだそうです。

 

また、地元特化業者はよその地域の物件売却を頼まれたとき売る方法がありません。

 

するとネット上に出す可能性が出てくるわけですね。

 

業者は基本、物件方法をレインズに登録するので、こちらの記事(⇒不動産投資 物件探し)で紹介したサイトが登録した業者へ問い合わせて自分のところへ掲載するという流れに。

 

というわけで、ネット上にもおいしい情報が出ることはある!と言えます。

 

まとめ

投資物件の探し方で知っておきたい不動産業者の特徴をまとめました。

 

数ある不動産業者の中でも投資物件に強いかどうか?は大事なポイント。

 

ただし弱いからと言っても物件情報がないわけではありません。

 

むしろそういった業者のほうが価格設定がザルだったりして割安な売買になる可能性も。

 

狙っている地域にある不動産業者にはできるだけアプローチしておきたいですね。

 


関連記事