不動産の指値を成功させるには?

不動産 指値 成功

このページでは収益物件の指値についてまとめました。

 

 

どんな収益物件なら指値ができる?

金持ち父さん貧乏父さんがベストセラーになってから不動産投資ブームみたいなもので、欲しがってる人が多すぎる状況です。

 

需要が多い、いわゆる売り手が強い状況ですね。

 

となると売り手が売りたい価格で売れるわけですし、欲しい人がいっぱい出てくれば売り出し価格より高くなることもありえます。

 

そんな物件に弱い立場の買い手が指値をしても無意味です。

 

となると買い手の立場が強くなる物件を狙うしかありません。

 

早く手放したがっている物件

 

要は早く売りたいのに全然売れない物件です。

 

ただとても儲かりそうにありません(笑)

 

これは不動産投資を始めたばかりの人には向いてないんじゃないかな?と思います。

 

現金で買うとき

また、成功率を上げるには現金買いが強いです。

 

売却主は早く売りたい=早くお金に変えたいわけなので、融資だと審査やらなんやらで多少時間がかかります。

 

またそもそも融資が通るかどうかもわかりません。

 

もし指値に応じた価格で審査が通らなかったら、一度応じただけにその後は値下げした価格に設定しなければいけなくなるかもしれません。

 

少なくとも業者さんは応じたことを知ってるわけですし。

 

非常に迷惑ですね(汗)

 

そこでキャッシュで買うからこの値段にして!と申し出れば売却主も安心できますし応じてくれやすいわけです。

 

実際不動産業者は現金で買うから安く買うことができるわけですし。

 

でも一般の投資家さんで数千万、数億といったキャッシュを用意できる人は少ないでしょうし、賃貸収入で利益を上げたいのにそんな買い方してては不動産投資の旨みがありません。

 

ですので売主さんの不安解消のためには「キャッシュに変わるもの=融資が通る理由」を提示できればいいわけです。

 

たぶんすぐには売れない物件のはず。

 

まず金融機関にどれくらい融資が出そうか確認してから指値をするほうがいいでしょうね。

 

まとめ

指値についていろいろ調べてきましたが、指値は基本的に現金購入する買主向けの方法と言えそうです。

 

融資で買う前提の買主さんには難しいでしょうね。

 

誰でもできるだけ安く買えるならそのほうがいいはず。

 

ただなんの考えもなしに指値するのは関係者に多大な迷惑がかかります。

 

指値しておいて「融資無理でした!残念!じゃ次!」とはなりません。

 

上でも触れましたが一度安い価格でOKした以上値下げしなければいけない可能性もありますし、そんないい加減な買主を引き合わせた業者の信頼も落ちてしまいます。

 

となると次からコイツにはいい情報やらん!となるでしょう。

 

最悪出禁になったりして(汗)

 

そして不動産業者の間であいつに気をつけろ!みたいな話が広まったりしたら・・・。

 

怖いですね〜。

 


関連記事