未公開物件の探し方

未公開物件の探し方

 

インターネット上でもおいしい投資物件を手に入れることは可能です(⇒投資物件の探し方)。でも本当にいい情報は一部で共有されるだけで一般に出てこないことのほうが多いでしょう。一般人はおいしい未公開物件情報をゲットすることはできないんでしょうか?調べてみたことをまとめています。

 

そもそも未公開物件になる理由とは?

もし私が不動産業者の社員でおいしい情報を手にしたなら、まず最初に確実に買ってくれそうな好感度高い顧客へ話持って行くと思います。そしてその人がダメでも次の優良顧客へ持って行き一般公開する前に売れてしまうでしょう。業者が今後も利益を上げていこうとするなら、身近で利益を確実にもたらしてくれるお客さんへ持って行きたくなるでしょう。未公開ってことはたくさんいる不動産投資家たちが知らない情報です。そんなうまみのある情報を渡すことでさらに密になれますし、win-winの関係も強固になります。

 

こういった理由のほか、売ることを知られたくないなど売却主の事情により未公開になることもあるようです。

 

未公開物件情報がおいしいとは限りません!

不動産業者から「これ未公開物件ですよ」なんて言われたら「そんなおいしい情報私にくれるの?わーい!」と思ってしまいそうです。そして「未公開」ってつくといい物件なんじゃないか?って思い込んでしまいそうです(汗)。でも業者しか見れない物件データベース「レインズ」には載ってる可能性もあるんだそうですよ。一般人が見れないのをいいことに・・・。私のような初心者では判別するのは難しいかもしれませんが、関わって間もないのに未公開物件を教えてくれる担当者さんは怪しいですね。あと日頃からネットで投資物件情報見まくって見る目を養っておくしかなさそうです。

 

 

本当においしい未公開物件情報は基本的に担当者から直接連絡がくるもの。となるとやはり人と人との繋がりしだいです。初期段階できちんとヒアリングしてある程度取捨選択することも必要ですが、営業マンを物件売りつけようとしてくる敵だと思わず真摯に対応して信頼を築いていくことが肝心ですね。そして一番信頼関係を築ける方法は実際に買うことでしょう。ある人の話では営業マンに「ほんとうに買う気ありますか?」と確認されたようです。なので、購入への本気をアピールしていかないといけませんね。

 

ちなみに業者選びは、「楽待」「健美家」などの投資物件紹介サイトをチェックして気になる物件を紹介している業者をピックアップ。その業者のホームページに会員登録するなどしつつ情報収集してくけばイケるんじゃないかと思います。最終的には直接営業マンに会わないとダメですけどね。


関連記事