物件周辺状況等報告書と付帯設備表

物件周辺状況等報告書

 

不動産売買のとき、売却主と買主の間で用意する書面はいろいろあります。代表的なものが「重要事項説明書」「売買契約書」の2点ですが、このほか「物件周辺状況等報告書」「付帯設備表」も用意します。ここではこの2つの書面についてまとめました。

 

物件周辺状況等報告書(物件報告書)とは?

物件周辺状況等報告書は、売却主が買主に伝えていない、重要事項説明書に書いていない瑕疵担保責任について書かれている書面です。この書面に書いたことは不動産の価格に盛り込まれた(買主が承諾した)ものとして、のちのちトラブル発生しても売却主の責任は問われません。ただし、書いてないものは責任とりますよ、と明示する意味もあります。売却主が買主へ保証を約束する書面ですね。

 

物件周辺状況等報告書の項目や内容

書かれている内容は以下のようなものがあります。

 

不動産について

雨漏り状況
シロアリ被害の状況
腐蝕のあるなし
給排水管の故障
建物の傾き
増改築について
火災などの被害はあったか
土地の境界、越境について
配管の状況
地盤の沈下、地盤が軟弱になっているところ
浸水被害はあるか
近隣の建築計画
騒音
振動
臭気
電波障害
環境に悪影響を与えそうな施設など
近所の住民との申し合わせ事項など

 

不動産の資料について

建物の設計図
増改築、修繕の資料
石綿使用の有無に関する資料
建物の耐震診断結果(耐震基準適合検査報告書、住宅性能評価書、耐震基準適合証明書、建築物の耐震診断結果報告書など)
住宅性能評価についての資料(設計住宅性能評価書、建設住宅性能評価書、既存住宅性能評価書など)
今回実施する建物検査の報告書
前の所有者から引き継いだ資料
物件取得時に関わった不動産業者

 

 

戸建てなら雨漏り、給排水管の故障、ゴミ出しなどご近所さんとの取り決めはしっかり書いておきたい部分。マンションなら水漏れや上下左右の隣人がどんな人達か?が特に重要です。この書面には思いつく限り細かいことでも書いておいたほうが売る側としては安心できます。あとでトラブルに発展させないためにもきちんと作成します。

 

付帯設備表とは?

付帯設備表は、売却主が「残していく設備などに故障があったら責任とりますよ」と買主へ保証する書面です。売却主が勘違いして引越す時持っていくものまで書いてあったりすることも。また売る側はいままでずっと使っていたこともあり、買主より設備やモノへの考え方が甘くなる傾向があります。設備も毎日使っていれば調子よく動きますが、引き渡しまでに数日使わなかっただけで動作不良を起こすこともあるので注意が必要です。

 

買主は引渡し前に付帯設備表を持って現場チェックしたほうがいいですね。

 

付帯設備表の項目について

代表的な設備は以下のようなものになります。

 

キッチン、レンジフード、ガスレンジ、換気扇、湯沸し器、シャワー、ドアチャイム、インターホン、クーラー、ヒーター、照明器具、TVアンテナ、電話、電気温水器、風呂、吊り戸棚、洗面器具、下駄箱、じゅうたん、カーペット、カーテン、カーテンレール、網戸、門、塀、植栽、庭石、池、カーポート、物置など


関連記事