不動産購入時の業者の選び方

不動産購入時の業者の選び方

 

儲かる物件情報だけ教えてくれる良心的な不動産業者ってないものでしょうか。あったらどれだけの人が助かるか・・・。でも現実的にそんな業者はありません。自分が資産家で何度も取引してるならいい物件情報をくれるようになる”ことも”ありますが、そもそも儲かる物件情報が少ないのにそれだけ扱うのは不可能に近いでしょう。あまり儲からない物件だって売らないと商売上がったりです。そんなわけで「悪徳だ!」「怪しい!」とか言われてしまうんでしょうね。ま、儲からない物件を売る時点で投資家側からすれば十分悪い業者なんですけどね。

 

唯一いい物件情報を教えてくれそうだなと感じるのは不動産メルマガ発行数日本一の「水戸大家さん」のところくらいじゃないかと思われます。私もそのうちお世話になりたいのですが、その前に借金返済です(汗)。

 

ただその人の属性次第で融資条件も変わりますし、それによって良い物件かそうじゃないかは違ってきます。業者より物件ありきで考える必要がありそうです。良い物件情報を持ってた業者と上手に付き合うことが大事でしょうね。ここで変な先入観を持ってしまうと、たまたま良い物件情報を持っていても「あそこはダメ」と決めつけてしまうことでチャンスを逃してしまいます。また「ここなら安心」と思っているとダメな買い物をしてしまう可能性もあります。業者を見る目を養うこと、そして何よりも物件を判断するスキルを磨くことが大事ですね。

 

不動産業者が所有、販売する物件

業者にも仲介だけでなく自社で購入してリフォームし転売するところもあります。この売り方は大手不動産業者に多いらしい。そういったところはリフォームや修繕、家賃保証など投資家が手間に感じる部分を解消してくれてるパターンが多いみたいです。大手がやってるから、ということで人によって安心感を感じる人もいるようです。また何より楽できます。

 

ただ結局キャッシュフローがきちんと出るかどうか?を自分で判断できないと良い物件なのかは判断できません。物件情報を探すこと、業者とのやり取り、物件情報のチェックなどを面倒に感じる人は、そもそも不動産投資にはむいてないかもしれませんね。

 

 

 

良い物件情報ばかり教えてくれる業者があったらみんなそこへ殺到するでしょう。でもそんな業者はありません。自分のレベルと付き合い方次第です。そもそも業者は仲介手数料で儲けることがメインなので、売れさえすればいいんですよね。投資家が購入後どうなるか?まで考えてくれるところはほとんどないでしょう。業者とはそういうものだ、と考え、特定業者に固執せずより多くの業者と関わっていくのが良い物件情報をゲットするにはベストでしょう。そして物件の目利き力アップのため不動産経営者として常に向上心を持って取り組んでいくことが肝心だと思います。


関連記事